パター部門ではオデッセイの『Ai-ONE トライビーム』が発売以来、7週連続で1位になっている。そして、今週2位になったのは4月に発売された『スコッティ・キャメロン ファントムシリーズ』。先週まで3週連続で5位だったが、2位まで順位を上げてきた。その人気についてPGAツアースーパーストア千葉浜野店の大野木翔さんに話を聞いた。


「今までスコッティ・キャメロンと言えば『セレクトシリーズ』が人気でしたが、今年は4月に発売された直後から『ファントムシリーズ』の注目度が高くて、予想以上に売れました」
 
なぜ、『ファントムシリーズ』の売り上げが伸びたのか?
 
「全体的にマレット型パターの需要が伸びているのも要因の一つ。もう一つは、昔はパターコーナーで最も高価なのが『スコッティ・キャメロンシリーズ』でした。でも今は他社製品でも同等かそれ以上の価格帯のパターが増えたことで、相対的に『スコッティ・キャメロン』のパターがリーズナブルに感じられるようになってきたと思います。昔より試打をしたり、手に取るお客さんが増えました」
 
男子ツアーでは世界ランキングトップ5に入っている選手が全員、マレット型パターを使っている。そういったトレンドも『ファントムシリーズ』の人気につながっている。
 
【パター売り上げランキング トップ3】
1位 オデッセイ Ai-ONE トライビーム
2位 スコッティ・キャメロン ファントム
3位 オデッセイ Ai-ONE 
※データ提供:矢野経済研究所、6月3日〜6月9日のデータ
 
◇ ◇ ◇
 
●今年はドライバーの当たり年と言われている。関連記事【最新ドライバー31機種を完全解剖! 『10K』ヘッドと浅重心ヘッドはどっちがベスト?】を読めば、あなたに合う曲がらないドライバーが丸わかり!


<ゴルフ情報ALBA Net>