「今はレポートに追われている」女子大生・河本結が選ぶ文武両道の精神

「今はレポートに追われている」女子大生・河本結が選ぶ文武両道の精神

<LPGA最終プロテスト 2日目◇25日◇チェリーヒルズゴルフクラブ>

高校卒業年にプロテスト受験、合格が一般的となっている日本の女子ゴルフ界において、まず大学進学を選び、いまあらためてプロゴルファーの仲間入りを目指しているのが、河本結だ。24日から行われているLPGA最終プロテストの2日目。河本は9バーディ・2ボギーの猛攻で、一気にスコアを7つ縮め、トータル8アンダーの8位に浮上した。


国内組でいえば勝みなみ、新垣比菜、小祝さくら、海外では畑岡奈紗といった面々が活躍をする“黄金世代”と同学年。将来を期待された河本も、昨年、当然プロテストかと思われたが、日本体育大学に進学。プロテストの受験は見送った。「ゴルフ(人生)が終わった後をどう生きていくか、女性アスリートとして大事。人生は長いんです」と、大学で学ぶことを選択した。

とはいっても、完全な学生生活を送るわけではない。昨年のQTにも挑戦し、サードステージで敗退はしたが、「TP単年登録」選手として、今年はステップ・アップ・ツアーに出場。「Skyレディース ABC杯」で優勝を遂げ、大器の片りんを見せている。そして昨年見送った最終プロテストを受験。しっかりと20位タイ以内が合格となる狭き門も、しっかりと圏内に上がってきた。

ツアーにも出場している河本だが、1カ月のうち1週間は試合から離れ、大学に通っているという。「今はレポートに追われています」と話すところがいかにも学生らしいが、スポーツ心理学の勉強や読書を通じて、自身のパフォーマンス向上に余念がない。高校卒業後すぐにプロを目指さなかったことに「1ミリも後悔はない」といいきり、充実した生活を送っている。

将来は海外にも出たいと話すが、刺激となっているのが同じく日本体育大学在籍、卒業の先輩でもある、体操の白井健三やスキージャンプの高梨沙羅ら、トップ選手たちだ。「メダリストが多いので、その中に入っても恥ずかしくない、胸を張れる成績を出したいです」と、まずはプロテスト合格で「正会員」への道をつかむ構え。「自分が自分をつくる。気持ち次第です」。文武両道の精神で、晴れて真の女子大生プロゴルファーの肩書きを手に入れる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索