情けない男ね…不倫男が彼女に送っている「重すぎLINE」3選

情けない男ね…不倫男が彼女に送っている「重すぎLINE」3選

こじらせ系不倫男性は、自分が妻帯者であることを棚に上げ、どっぷり重いLINEを彼女に送りがち。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな重すぎるLINEをご紹介します。

文・並木まき

1:「俺、本当に離婚するから捨てないでね」

「前に友人主催の飲み会で知り合った既婚男性と不倫をしていたのですが、あっちが私に夢中になってしまい……。

私もその人のことは好きだったけど、毎晩のように『俺、マジで離婚するから』とか『本当に離婚するから捨てないでね』といったLINEで届き、だんだんと面倒くさくなっちゃいました。

なんか、ウジウジしてるって言うか、“捨てないでね”って言い方が、情けないなぁと。だんだん私の気持ちが冷めて、最後はその人のもとから逃げ出しました」(33歳女性/フリーランス)

真面目に離婚を考えている男性は、不倫関係が深まるにつれだんだんと精神状態が不安定になりがち。「不倫相手に捨てられたらどうしよう……」と不安がよぎるのでしょうけど、このようなLINEはかなり重いですよね。

2:「なぁ、慰謝料いくらなら出せる?」

「2ヶ月ほど不倫していた男性が、奥様と離婚して、私と一緒になりたいと言い出しました。

ある夜、いきなり『なぁ、お前、慰謝料いくらなら出せる?』とLINEが届き、彼が真剣に離婚を考えていると知ったのですが……。

私的には、私が奥様に訴えられたとかなら話は別ですけど、夫婦間の慰謝料は彼自身が奥様に払うべきものだと思うし、たった2ヶ月しか付き合っていない私がなんで負担しなくちゃならないの……、というのが正直な気持ちでした。

離婚して一緒になりたいと思ってくれて悪い気はしなかったけど、離婚の慰謝料を私にも払わせようとする姿勢がイヤで、結局理由をつけてその人とは別れちゃいました」(30歳女性/秘書)

自分の不倫がきっかけで離婚を切り出す男性は、妻への慰謝料というのが頭をよぎりがち。しかし、付き合って日が浅い不倫相手にお金の話をすると、重いと思われて当然ですよね。

3:「子どもが欲しい」

「既婚だけど子どもはいない、前職の上司と不倫をしていたときの話です。

交際半年を過ぎ、関係が安定してきたころに『子どもが欲しい』と言われ、かなり戸惑いました。

最初は会っているときにしか言われなかったのですが、そのうちLINEなどでも『子どもが欲しいから、真剣に考えてくれ』『認知もするし、養育費も払う』と具体的な話をされるように。

ぶっちゃけシングルマザーになるつもりはさらさらなかったので『この男なんなの……』って感じでした」(29歳女性/アパレル)

子どもがいない不倫男性の場合、浮気相手との間に子どもを望むこともあるよう。一方的に期待されても、女性は戸惑いますよね。

ちょっとこじらせ気味の不倫男性と関係をもってしまうと、とんでもなく重いLINEが届くこともあるようですね。みなさんのまわりにも、こじらせ不倫男がいたりいて……。

© tommaso79 / shutterstock
© GaudiLab / shutterstock
© fongbeerredhot / shutterstock


関連記事

ananwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索