客席が360度回転するIHIステージアラウンド東京で、大坂の陣を題材に冬の陣と夏の陣の2作品を連続上演中の舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)。公演数も劇場のスケールもこれまでで最大の規模となる今公演。大好評のうちに閉幕した冬の陣に続き「无伝夕紅(むでんゆうくれ)の士(さむらい)−大坂夏の陣−」がスタート。中心を担うのは、三日月宗近(みかづき むねちか)役の鈴木拡樹さんと鶴丸国永(つるまる くになが)役の染谷俊之さん。今作にかける、おふたりの思いとは――。

鈴木:最初に染ちゃんと共演した時は、お互い役の所属する学校が違ってたから、顔は見知ってるんだけど話す機会はそんなにない、みたいな感じだったんだよね。

染谷:そうでした。でも、その時から拡樹くんは気さくに話しかけてくださったりと優しくて、いまも変わらずずっと素敵な先輩です。

鈴木:ありがとう。僕がその時思ったのは、染ちゃんってすごく器用な人だなってこと。お芝居に関してもだけど、自転車競技の作品でハンドル以外を体で表現しなきゃいけないんだけど、初日の時点で呑み込んでたのがすごいなと。

染谷:全然ですよ。周りは経験者ばかりのなかで僕ときたむー(北村諒さん)が初合流だったんだけど、きたむーが抜群に器用だから、じつはめちゃくちゃ焦ってました。

鈴木:そうは見えなかったな。あと染ちゃんのモノを作る姿勢も尊敬してる。毎回、面白い発想を持ってくる姿勢が嬉しいし、一緒にやれてよかったなと思う。

染谷:僕からしたら、拡樹くんは、いつ会っても変わらないのがすごいです。穏やかで優しくて、ずっと“仏”。僕も、拡樹くんの背中を見て学ばせてもらっているところは多いですよ。

鈴木:(笑)。個人的には、三日月宗近と鶴丸国永としての絡みも結構好きだったりする。この二振りが揃うと、ほかの刀剣男士を置いてけぼりにするような独特の空気を作れるから。

染谷:僕もふたりで絡むシーンは、楽しいです。

鈴木:僕ら、刀ステには初演の立ち上げから携わってるじゃない? 立ち上げに関われるのはどんな作品でも嬉しいけど、刀ステは最初から続編をやろうという意思のもとでやっていたのもあって、やり甲斐はあったよね。でもだからといって守りに入りすぎたりせず、お客さんの想像の先へ逸脱する瞬間があったりもして…。

染谷:ただ最初は役の手がかりになる素材が少なかったから、そこはすごく苦労しました。

鈴木:その一方で、歴史を遡っていく話だからそこは調べればいくらでも資料が出てくるっていう…。

染谷:確かにそうですね。

鈴木:三日月宗近に関しては、最初から謎多きキャラクターとして出てきているでしょ? そのおかげで戦う時とのギャップを出しやすい役ではあったかな。

染谷:二振りともタイプは違えど、飄々としてますよね。

鈴木:だけどいざ戦いとなると、どちらもキレまくっていて、刃物である鋭さをそこに垣間見ることができる。あと、思い悩む刀剣男士が多いなか、この二振りはどこか達観したところがあるから立ち位置としても面白くて。

染谷:お客さんには、どっちかがいると安心って思ってもらえたら嬉しいですよね。僕はそれ、三日月宗近に対して思ってるんですけど、そういうキャラクターをちゃんと拡樹くんが存在感で体現してくれているのがすごいなと。

鈴木:鶴丸国永はシリアスな展開の中に真逆のテンションを放り込んできたりするでしょ。そこは三日月宗近ではできないから、すごく興味深いキャラクターだなって。

染谷:刀ステが面白いのは、他の2.5次元作品とは違って決まったストーリーがないことだと思うんです。毎回僕らも、この話がどう展開していくかわからないから、台本を読むのが楽しみで。

鈴木:うん。あと、長くシリーズが続いているぶん、より深く作品の世界観やキャラクターを描いていけるのもいいよね。第1作から5年を経て、それがさらに膨らんでいってるし。ちなみに今回の夏の陣は、前作の冬の陣から始まってしまった歴史改変を刀剣男士たちがどうやって回収していくかが見どころになってくるんだと思うんだけど、なんか…あったかい話だよね。

染谷:確かに。史実では実在しない真田十勇士が登場するし、驚く展開もあるけれど、観終わった後は爽快感に包まれると思います。

鈴木:三日月宗近としては3年前の「悲伝 結いの目の不如帰(ほととぎす)」で、あるひとつの終着点を描いたこともあって、次に刀ステに出られるとしても随分先になるだろうと思ってたんだよね。でも思っていたより早く出られて嬉しくて。

染谷:久々に戻ってきた刀ステはどうです?

鈴木:自分が出てない公演も観客として観てはいて、気持ちのうえでは途切れたことがなかったので、そのままの熱で取り組めてるんじゃないかな。

染谷:前作のバトンをしっかり受け継げたらと思っているし、お客さんには余計な心配をすることなく楽しんでいただきたいですね。

鈴木:公演時期が梅雨時にもかかってくるし、観た方の心が晴れたらいいなと思います。

TBS開局70周年記念 舞台『刀剣乱舞』无伝夕紅(むでんゆうくれ)の士(さむらい)−大坂夏の陣− 上演中〜6月27日(日) IHIステージアラウンド東京 原案/「刀剣乱舞−ONLINE−」より(DMM GAMES/Nitroplus) 脚本・演出/末満健一 出演/鈴木拡樹、高本学、三津谷亮、北村諒、和田雅成、近藤頌利、熊谷魁人、染谷俊之ほか 一般1万6000円 サイドシート1万6000円 

すずき・ひろき 1985年6月4日生まれ、大阪府出身。舞台を中心に、近年はWOWOW『2.5次元男子推しTV』でMCを務めるほかドラマや映画などでも活躍。8月にはミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』に出演。

コート¥60,500 スウェット¥20,900(共にタクタク/スタジオ ファブワーク TEL:03・6438・9575) パンツ¥30,800(カベル/HEMT PR TEL:03・6721・0882) 靴¥27,500(スペース クラフト/HEMT PR)

そめや・としゆき 1987年12月17日生まれ、神奈川県出身。俳優として幅広く活躍するほか、アニメや映画吹き替えで声優としても活躍中。近作にドラマ『FAKE MOTION』など。出演映画『ナポレオンと私』は近日公開予定。

コート¥12,100 シャツ¥6,600(共にアバハウス/HEMT PR) パンツ¥39,600(キャバン 代官山 TEL:03・5489・5101) ミュール¥22,000(スペース クラフト/HEMT PR)

※『anan』2021年4月21日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・井田正明 ヘア&メイク・AKI(鈴木さん) 中元美佳(染谷さん) 取材、文・望月リサ

(by anan編集部)