【ビール×コーラ】ビールのコーラ割り

まずご紹介するのはビールのコーラ割りです。見た目は黒ビールのようですが、コーラの甘味にビールの苦味が加わり、ビールが苦手な人も飲みやすくなります。割ることでアルコール量も少なくなるのでお酒が弱い人にもピッタリ。コーラが飲みたくなる暑い夏の夜やBBQ、ジャンクフードにも合います。

【材料・作り方】
コーラ
缶ビール

グラスにコーラとビールを1対1の量で入れて、軽くかき混ぜたらできあがり。

【ビール×カルピス】カルピスのビール割り

続いてご紹介するのはダブルカルチャードという名前で数年前から密かにブームになっているカルピスのビール割りです。色味はミルクセーキのようで、飲んでみるとビールっぽさが抜けて甘味もあり、女性にも人気が出そうな味です。最初にカルピスの甘い香りが広がり、ビールの苦味で味がしまる甘めのドリンクとなり飲みやすいです。お食事に合わせるというよりもスイーツ感覚で飲めるドリンクです。

【材料・作り方】
カルピス(原液)
缶ビール

カルピスの原液1に対しビール6の割合でグラスに注ぎ軽くかき混ぜたらできあがり。

【ビール×はちみつ×レモン汁】はちみつレモンビール

ビールが苦手な方でもお家にあるものを少し足すだけで美味しく飲める方法がこちらです。ビールにはちみつとレモン汁を少し入れるだけで甘さとレモンの酸味のスッキリ感が出て美味しくなるんです。一手間加えるのならレモンのはちみつ漬けを作っておいて入れてあげるのもおすすめです。

【材料・作り方】
はちみつ  小さじ2
レモン汁 小さじ1
缶ビール  200ml

グラスにはちみつを入れたらレモン汁を入れて先に混ぜておきます。その後にビールを注いで軽く混ぜます。はちみつとレモン汁の量は目安なので、ご自身の好きな量を入れて味を調整してください。

【カンパリ×グレープフルーツ氷×ソーダ】アイスカクテル

続いてご紹介するのはカンパリリキュールを使ったカクテルレシピです。カンパリだけでなくご自宅にあるリキュールでもアレンジできると思うので参考にしてみてください。

まずは、カンパリリキュールとグレープフルーツ氷をソーダで割ったカクテル。グレープフルーツ氷はジュースから作ってもいいのですが、今回は時短もかねてコンビニやスーパーで売っている『アイスボックス』(グレープフルーツ)を使用しました。

実際に作って飲んでみると女性に人気が出そうな夏にぴったりのご家庭カクテルになりました。少し苦味のあるカンパリリキュールにグレープフルーツの酸味と甘味がマッチしてスッキリと飲めます。ザクザクと氷を食べながらデザート感覚で飲めるカクテルです。

【材料・作り方】
カンパリ               30ml
アイスボックス(グレープフルーツ)  半分くらい(お好みの量)
炭酸水(もしくはトニックウォーター) 適量

グラスに『アイスボックス』(グレープフルーツ)を入れます(お好みの量で)。グラスいっぱいに満たすくらい入れても美味しいです。その後カンパリリキュールを注ぎ、グラスのトップまで適量の炭酸水を注ぎ軽くかき混ぜます。

【カンパリ×冷凍フルーツ×ソーダ】冷凍フルーツカクテル

最後にご紹介するのは、氷の代わりに冷凍フルーツを入れるカンパリソーダのカクテルです。今回は冷凍ベリーミックスを使いましたが、コンビニなどで手軽に購入できる冷凍ブルーベリーなどのご使用もお手軽でおすすめです。

少し苦味のあるカンパリソーダとベリーの甘味がぴったりで大人のフルーツポンチのような感覚で楽しめます。少しパンチを聞かせるため、強炭酸で割るのがいいと思います。

【材料・作り方】
カンパリ                   30ml
冷凍ベリーミックス(冷凍ブルーベリーでも可) お好みの量
炭酸水                    90ml〜100ml

グラスにお好みの量の冷凍フルーツ(ベリーミックス)を入れます。カンパリリキュールと炭酸水を入れて軽く混ぜます。冷凍フルーツは氷の代わりにもなるのでたっぷり入れると美味しいです。

お家にあるものを組み合わせるだけでお手軽カクテルに

カンパリリキュールをビールで割る「カンパリビア」もあります。ほかにも、ビールとカシスリキュールで「カシスビア」が作れたりと組み合わせはさまざま。このようにビールやリキュールをベースにお家にあるものを組み合わせるだけでいつもと違ったカクテルのできあがりです。

ノンアルコールビールを使うとお酒が飲めない方も飲めるので楽しみながらいろいろと作ってみてくださいね。

©Bootsy Holler/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。