年齢を感じた瞬間がある人は90%!

【アンアン総研リサーチ】

まずは、「年齢を重ねたなと感じる瞬間はありますか?」という質問をしたところ、回答は次の通り。

ある…68%
たまにある…22%
ほとんどない…7%
ない…3%

「ある」と「たまにある」を合わせると、実に90%! 年齢による変化を感じやすい時期なのかもしれません。

あると答えた人は…

「ほうれい線が濃くなった。肌のツヤがなくなった」(27歳・会社員)
「今まではシミと無縁だったのに、目尻周辺に小さいものがポツポツでき始めた」(29歳・学生)
「写真を撮ったとき、肌のハリのなさやくすみが気になる」(33歳・会社員)

圧倒的に多かったのが、肌質の悩み。ほうれい線が気になるという声が多かったです。

他にも…

「1日中遊びに出かけたら、翌日がつらいとき」(34歳・専門職)
「とにかく疲れやすくなった。朝起きて1時間くらい経つと体がだるい…」(28歳・会社員)
「先日久しぶりに遊園地へ行った。以前はあんなに乗りたかったアトラクションも、一度乗れば満足してしまう。むしろ、背中や首が痛くなった」(33歳・クリエイティブ職)

体力面での変化を感じる人も多かったです。

たまにあると答えた人は…

「笑うとシワが見えてきた」(31歳・自営業)
「ちょっとしたアザや傷が治りにくくなった気がする」(34歳・会社員)
「夜更かしすると翌日起きられない」(30歳・会社員)

あると答えた人と同様、美容面や体力面の回答多数。

ちなみに、こんな声も。

「アイドルグループのメンバーが、全員同じ顔に見えてきた…」(32歳・主婦)
「親も人間なんだなぁと思う瞬間が増えて、自分も年齢を重ねたなと感じる」(28歳・会社員)
「自然に早起きができるとき」(31歳・会社員)
「若い子を見ると、若いなと思う」(30歳・契約社員)

あるあると、うなずける意見ばかりです。

年齢を重ねて良かったなと思うエピソードは?

年齢を重ねることは、悪いことではありません。ポジティブなエピソードもたくさんありました。

「20代の頃より、30代の今の方が圧倒的に生きやすい。精神的に余裕が出て、物事を客観的に見られるように」(34歳・自営業)
「知っている物事が以前よりも増えたので、疲れやストレスの対処法がわかるようになった。あとは、当たり前が当たり前ではないと気づけて、丁寧に毎日を送れるようになったと思う」(33歳・デザイン職)
「経験値が増えて、自分の顔に自信が出たように思う」(35歳・会社員)

メンタル面での余裕や自信などが、生活を充足させているといった声が多数でした。

「好きなことにお金を使い、ある程度贅沢するのが身の丈に合ってきたような気がする」(36歳・主婦)
「好きなだけカフェに行ったり、映画を見たり、外食したり…。お金に余裕が出てきたので、好きなことを好きなときにできるのが幸せ」(20歳・会社員)
「金銭面や休みの使い方などに余裕ができ、気になることやってみたいことを気軽にできるようになった。いろいろな可能性を自分で作り出せるように」(33歳・会社員)

金銭面での余裕も、年齢を重ねるほどに出てきやすいもの。好きなことにお金を使えるのも、充実した毎日につながりますよね。

「本当に親しい人だけが、自然と周りに集まっているような気がする」(34歳・公務員)
「相手に合わせるなど、無理をしなくなったので、体調をコントロールしやすくなった」(33歳・会社員)
「不要な人間関係が削がれていった感じがする」(33歳・会社員)

人間関係での悩みが減ったという意見も多数! 悩みがゼロになるのは難しいかもしれませんが、以前に比べて過ごしやすいという人は多いようです。

年齢をネガティブに感じたときは…

それでもつい、年齢をネガティブに捉えてしまう出来事もあるでしょう。そうしたとき、どんな対処をしているのかを聞いてみました。

「フィットネスソフトを購入し、毎日筋トレして基礎体力をつけるようにしている。疲れやすいからこそ、なるべく階段を使うなど、とにかく体力づくりを心がけている」(29歳・会社員)
「マシンピラティスに通ってボディメイクしているので、20代の子にも負けない体になっていると自己満で思っている」(34歳・自営業)
「スポーツをする。体力は高校生の頃よりもある」(31歳・会社員)

運動をしているという声が多かったです。すっきりするのはもちろん、体力や体型の変化があるとモチベーションも上がりますよね。

「なんとなく買っていたプチプラスキンケアを見直した。自分に合ったアイテムに出合えてから、明らかに肌の調子が良い」(33歳・公務員)
「セルフマッサージとエステで、気になるフェイスラインの対策をしている」(35歳・会社員)
「美容医療に頼る。医療レーザーを受けている」(27歳・会社員)

基礎化粧品を見直したり、マッサージをしたり、美容医療を活用したり…。肌悩みの対策はそれぞれ。美容にお金をかけられるのも、年齢を重ねたからこそ。

「土日のどちらかは休養日にして、無理をしない」(33歳・クリエイティブ職)
「加齢は誰しも訪れるから、受け止める。大人になるんだと考え直す」(34歳・自営業)
「ポジティブになれるドラマや映画を見て、やる気を奮い立たせる」(28歳・会社員)

メンタル面での持ち直し方も、自分なりの方法を持っていると、楽になりそうです。結局は無理をしないという声が多数でした。

憧れの人を目指したい!

自分より年上で、憧れや目標の人がいるかという質問には、多くのイエス回答が!

「今働いている、10歳年上の会社の社長。バリバリ働いて、新しいことにも挑戦し続けている姿が素敵」(29歳・会社員)
「前職の上司。肌がキレイだし、家庭を持ちながら仕事もできる。部下への気配りも丁寧」(31歳・会社員)
「年上の友人。常にポジティブでやる気に満ちており、日々仕事を楽しんでいる。毎日生きている姿が素敵」(35歳・自由業)
「50代の会社の上司。少女のような一面を持っていて、可愛くて面白い。それでいて仕事はすごくでき、気配り上手。ソフトで的確な言い回しにも憧れる。誰も嫌な思いをしないよう、伝えたいことを伝える能力を、私も身につけたい」(28歳・会社員)

芸能人の名前も多数挙がりましたが、身近に憧れの人がいるという答えもたくさん! 素敵な歳の重ね方をしている人は、より輝いて見えますよね。

今までにない悩みができたり、逆に心が軽くなるのを感じたり、年齢と向き合う時期なのかもしれません。自分らしく、心も体も美しい生き方を探してみたいですね。

©fizkes/Getty Images
©Ondine32/Getty Images
©ljubaphoto/Getty Images
©Harbucks/Getty Images