【音楽通信】第99回目に登場するのは、
プライベートレーベルを設立するなど、結成15周年を迎えて、さらなる飛躍を遂げようとしている4人組ガールズバンド、SCANDAL(スキャンダル)!

ボーカル&ダンススクールでバンドを結成


写真左から、TOMOMI(B&Vo)、HARUNA(Vo&G)、RINA(Dr& Vo)、MAMI(G&Vo)。


【音楽通信】vol.99

2006年に大阪で結成された、HARUNA(Vo&G)さん、RINA(Dr&Vo)さん、MAMI(G&Vo)さん、TOMOMI(B&Vo)さんからなる4人組ガールズバンド、SCANDAL。

2009年にシングル「少女S」でレコード大賞新人賞を受賞、国内外問わずさまざまな場所でコンサートを行い、メンバー全員がボーカルを務めるなど、その力強いパフォーマンスで人気を博しています。

そんなSCANDALが、2022年1月26日にアルバム『MIRROR』をリリースされるということで、音楽的なルーツなどを含めて、メンバーからHARUNAさんとRINAさんにお話をうかがいました。

――小さい頃に憧れていたアーティストから教えてください。

HARUNA 小さい頃から聴いていて、音楽をやろうと思ったきっかけになったアーティストは、安室奈美恵さんです。もともと小室哲哉さんのサウンドがすごく好きで、小さい頃からgloveやhitomiさんなどの小室さんが作った曲をカラオケで歌いながら、「歌って楽しいなあ」と思いました。

RINA  小さい頃は、母親の影響で浜崎あゆみさんの曲をたくさん聴いていましたね。他にもEvery Little Thingといった、女性ボーカルの曲がすごく好きでした。それからだいぶん経ってから、歌とダンスのスクールに通うようになって、SCANDALのメンバーとも出会って。スクールの先生が歌やダンスだけでなく、楽器演奏もすすめてくれたので、そこで初めてバンドの音楽や楽器に触れるようになって、気づくとバンドマンになって15年経っていました(笑)。

――2006年に大阪でバンドを結成され、2008年にシングル「DOLL」でメジャーデビューされましたね。この15年を振り返っていかがですか。

HARUNA 長くやってきたなあと(笑)。15年経ってやっとバンドをやっていること、バンドマンでいることが心地よくなってきました。もともとボーカル&ダンススクールでのバンド結成という特殊なきっかけから始まっているので、それ以前の自分と、バンドを始めてからの自分との差を感じてしまうことも多くて。でも、やっとこの2、3年でそういう自分との差がなくなってきた気がします。

――それは何か気持ちが切り替わる出来事があったのですか。

HARUNA 私が30代になったことが大きいと思います。20代の10年間は、オンオフ問わず、いつも完全にギアを入れた状態でバンドをやっていたといいますか。また違う人格を自ら作り出していたような感覚があって、なかなかそういう自分で10年ぐらい続けていると、心がしんどくなってしまうこともありました。

でも、これから長くバンドを続けていこうと思ったときに、ありのままの自分でいるのが、一番大事なんだなと30代になってようやく気づき始めました。過去の自分を否定しているわけではなく、生きていることすべてに意味があると思っているので、これまでのいろいろな経験を経て、やっといますごくいい自分にたどり着いた気がしています。

RINA  私はこの15年、シンプルに同じメンバーで、ずっと音楽ができていてうれしい気持ちでいっぱいですね。やり続ける度にバンドが大事になっていますし、楽しくなっています。いま自由に自分たちの個性を認めながら、楽しくナチュラルに音楽ができていると思うので、いまが一番楽しいですね。

自分たちや時代と向き合って作ったアルバム


HARUNA(Vo&G)。1988年8月10日生まれ、A型。


――2022年1月26日に10枚目のアルバム『MIRROR』をリリースされます。まずは今作が仕上がっての手応えから、お聞かせください。

HARUNA できてよかったーっ! という感じです(笑)。コロナ禍に入ってから、アルバムの制作がなかなか進まなかった時期もあったので、自分たちの心境の変化とともに完成していったアルバムだといえますね。

――1曲目「MIRROR」はアルバムのタイトル曲でもありますが、もっとも今作を表す楽曲となりますか。

RINA  そうですね、収録曲のなかで最後に書いた曲でもあります。光や、自分たちが感じる女性の柔らかさやしなやかさ、繊細さみたいなキーワードを象徴するワンワードをずっと探していて、なかなかタイトルが決まらないなか最後に「MIRROR」という言葉に辿り着きました。

これまで音楽の活動がストップした時期もありましたし、世界全体でいろいろな変化のあった時期に、どういうふうに音楽を続けたらいいかもすごく考えて、自分たちそして時代と向き合って作ったアルバムという意味でも、「MIRROR」というタイトルがすごくしっくりきて。リード曲にもなっていますし、このアルバムを象徴する曲でもあると思います。

――4曲目「彼女はWave」はRINAさん作詞作曲の楽曲となり、それ以前の曲とはガラリと雰囲気が変わりますが、どんなイメージで作られましたか。

RINA  波のように自由に生きている女の子をテーマにして作った曲なのですが、初めてひとりでDTMで作った曲で、家で打ち込みをしながら制作していった作業も新鮮で楽しくて。デモには私の作った仮歌を入れていたんですが、みんなに聴いてもらったときに「これ、RINAが歌っちゃえば?」となって、久しぶりにボーカルもやらせていただいた曲になりました。

――7曲目「夕暮れ、溶ける」はHARUNAさん作詞作曲の疾走感のある楽曲ですが、どのようなシチュエーションから生まれた楽曲ですか。

HARUNA これはまず「夕暮れ」「溶ける」というワードが、夕方に犬の散歩をしていたらふと思い浮かんできました。表現としては違和感があると思いながら、でもワードが妙にグッときたといいますか。うまく言葉では説明できないけれどなんかいいな、という感覚は世の中にたくさんあるなあって、そんな感覚や潔さをうまく表現できればと思ってできた曲です。

――ではいつも曲を作られるときは、インスピレーションで作られるのですか。

HARUNA 曲にもよるのですが、今回は1曲作ろうと思って机に向かったというよりは、何気ない日常のなかでふっと言葉が降りてきた感覚を大事に作ってみました。

RINA  私の場合は、作詞作曲するときは、作ろうと思って机に向かうタイプです。バンドのなかで歌詞だけ書くことが多いので、好きな歌詞を書き溜めてみたり、ギターのMAMIがメロディを書いてくれることが多いのですが、そこに歌詞をのせていくパターンも多いですね。

HARUNA 今回のアルバムに関しては、初めてライブを意識しないで作ったかもしれません。


RINA(Dr&Vo)。1991年8月21日生まれ、B型。


――これまではライブに向けて曲を書くことが多かったのですか。

RINA  ほとんどライブに向けて曲を書いていて、ライブでお客さんに会って、それがインスピレーションになっていることが多かったんです。でも、コロナ禍でライブの機会がなくなって、今回は曲を書き始めるのが大変でした。

だからこそ、自分と向き合う時間がたっぷりあって、自分たち自身を肯定する曲が多くなったんです。人に何かを発信するよりは、自分を発散する感覚、そんな曲が多いなと。あとはテンポを落としたものを作ろうと思って制作しました。

HARUNA サウンドにいい丸みがある感じに仕上げたいなって。たっぷり時間をかけて作れたので、いままでとは全然違う意識でも作れた作品だと思います。

――そうやって制作されてきた今作は、どんなふうに聴き手に聴いてほしいですか。

RINA  仕上がってみて自分たちも気づいたのですが、あまりこの曲はこういう意味です、とかこういうことを言いたいです、とか答えがないような楽曲が多くて。だから、聴き手に委ねたいですね。

その人の状況やライフスタイルによって伝わることが違うと思うので、好きに受け取ってくれたらうれしいです。一回振り切ってこういうアルバムを作ってみたかったので、やれてよかったですし、大事な一枚になりました。

HARUNA バンドマンでいると、たまに年齢や性別を自分で忘れてしまう瞬間があるんですが、今回はちゃんと30代の女性として、一人の人間として向き合った中でできた作品がたくさんあります。なので、わたしたちをより身近に感じながら、聴いてもらいたいなと思います。

――3月12日からは「SCANDAL WORLD TOUR 2022“MIRROR”」と題した全国ツアーを6月まで開催。7月からはノースアメリカツアー、9月からはヨーロッパツアーと、海外でもツアーをまわりますね。

RINA  久々にワールドツアーができることがうれしくて、海外のお客さんもたくさんいるので、アルバムをどういうふうに聴いてくれているのかなと、ワクワクしながらまわることになりそうです。ホールも似合いそうなアルバムなので、すごく楽しみですが、ステージの内容はまったく考えていないので詳しく言えません(笑)。ワールドツアーとついたタイトルが自分たちらしいなと思うので、これがやっと戻ってきたな、と思いました。

――日本と海外ではパフォーマンスに違いなどはありますか。

HARUNA そんなにないですね、現地の言葉を教えてもらって、挨拶するぐらいです。

RINA  日本語で歌うしね。

HARUNA そう。国によって、お客さんの反応はさまざまだったりしますが、コロナ禍になって海外のライブがどういうふうに変化しているかはわからないので、それは行ってみてのお楽しみだなと思っています。

ナチュラルな4人でずっと音楽をやり続ける


撮影:ヤオタケシ


――おうち時間が長引く現在、ハマっていることはありますか。

HARUNA 自粛期間にハマったのは、K-POP。BTSからハマって、NCT、ENHYPENとか、いろいろなアーティストの曲を聴いています。十数年前もよく聴いていたんですが、近年のK-POPブームにのってこうしてまた聴き始めたり、韓国チャンネルを予約してドラマを観たりすることも。最近はCSチャンネルでしか観られないドラマなのですが『マウス』(2021年)というサスペンスドラマが面白くてハマっていますね。

RINA  叶姉妹のポッドキャストがすごく面白くてよく聴いています。おふたりのトークがすごく親しみやすい感じもありますし、違う世界の人の話を聴く楽しい感覚もありますし、人間力のあるおふたりのお話を聞くと満たされますね。あとはkemioくんのポッドキャストも聴くことがあります。多彩なゲストの方が来ていて、違う職業の方のお話を聴くのもすごく好きなので、力をもらいました。

――おふたりのお気に入りのコスメやファッションもお聞かせください。

RINA  ヴィーガンコスメブランド「mirari(ミラリ)」のパックがお気に入りです。成分がやさしいもので、いろいろな肌質に合う種類もあって、パッケージもすごくかわいいんですよ。

ファッションは、ヴィンテージショップでお買い物するのが好きで、古着もエコだからそれもいいなと。新しい洋服にないサイズもあるので、面白いですし、よくヴィンテージショップに行きます。

HARUNA ずっと使い続けているのは、韓国コスメ「Dr.jart(ドクタージャルト)」のシカペアクリーム。何本もリピートして使っていて、季節を問わずにお肌がなめらかになります。ファッションのこだわりはあまりないのですが「MM6(エムエムシックス)」や「TOGA(トーガ)」あたりのクールでちょっと形が変わった洋服をよく選びますね。

――いろいろなお話をありがとうございました。では最後に、今後の抱負をお聞かせください。

RINA  2022年は、遊び心を大事にしたいです。いままでバンドだけの人生という感じでここまで来たのですが、昨年後半は違う職業の友人と会ったり遊んだりして癒され、リフレッシュできて、刺激をもらって過ごしました。そういう時間を今後も増やしていけたらいいなと思っています。

バンドとしては、いまが最高の状態だと思うので、この状態が続いたらいいなと。ナチュラルな4人でずっと音楽をやり続けたいですね。

HARUNA 私も仕事とプライベートのメリハリを大事にしたいです。RINAと一緒で、この10年ぐらいはずっと仕事モードだったので、旅行したり、家で犬と過ごす時間を大事にしたいです。プライベートの時間で生まれる心の余裕みたいなものを、ちゃんと音楽に反映していきたいな。

ライブをすることも楽しくて大好きなので、これからも少しずつやっていきたいですし、そういう幸せな日々をいっぱい増やしていきたいですね。

取材後記

女子中高生のときにバンドを結成し、15年間、駆け抜けてきたSCANDALのみなさん。ananwebの取材では、HARUNAさん、RINAさんに登場していただき、新作や普段のご様子までうかがうことができました。30代に突入し、自然体になったみなさんが放つこれからの音楽も期待大です。そんなSCANDALのニューアルバムをみなさんも、ぜひチェックしてみてくださいね。


取材、文・かわむらあみり

SCANDAL PROFILE
HARUNA(Vo&G)、RINA(Dr&Vo)、MAMI(G&Vo)、TOMOMI(B&Vo)からなる4人組ガールズバンド。

2006年8月、大阪のダンス&ボーカルスクール所属の女子中高生4人で結成。2008年、メジャーデビュー。翌年にはシングル「少女S」でレコード大賞新人賞を受賞。国内外問わずに多くのフォロワーを持ち、世界中でコンサートを実施。2019年、プライベートレーベル「her」を設立。

2022年1月26日、10枚目のアルバム『MIRROR』をリリース。3月から全国ツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2022 “MIRROR”」を開催。

Information



New Release
『MIRROR』

(収録曲)
01.MIRROR
02.eternal
03.愛にならなかったのさ
04.彼女はWave
05.愛の正体
06.アイボリー
07.夕暮れ、溶ける
08.蒼の鳴る夜の隙間で
09.プリズム
10.one more time

bonus track
1. Living in the city
2. SPICE

2022年1月26日発売
*収録曲は全形態共通。

(通常盤)
VICL-65653(CD)
¥3,300(税込)

(初回限定盤A)
VIZL-2001(CD+DVD)
¥4,400(税込)

<初回限定盤A付属内容>DVD「SCANDAL DOCUMENTARY “her” Diary 2021 SPECIAL EDITION」*ドキュメンタリームービー。

(初回限定盤B)
VIZL-2002(CD+雑誌)
¥4,400(税込)

<初回限定盤B付属内容>雑誌「”her” Magazine Vol.3」

(完全生産限定盤)
VIZL-2003(CD+DVD+GOODS)
¥11,000(税込)

<完全生産限定盤付属内容>DVD:MUSIC VIDEO CLIPS (「Living in the city」「SPICE」「月」「eternal」「アイボリー」「one more time」を含む計7曲を収録)、GOODS:MIRRORロングスリーブTシャツ(L size)。

取材、文・かわむらあみり