世界中から輸入された珍しい食材が大人気の『カルディ』。今回は、カルディマニアの筆者が本当に買ってよかった「麺類」を3点ピックアップしました。『カルディ』は麺類のバリエーションも豊富なんですよ。ぜひチェックしてみて!

1.プリマ・テイスト ラクサラーメン 185g…¥354

1つ目にご紹介するのは、シンガポール定番の麺料理「ラクサ」のインスタント袋麺です。SNSや公式サイトのレビューで、とても評価が高かったので購入してみました!

「ラクサ」は、シンガポールで日常的に食べられている国民食。『カルディ』のラクサラーメンは、ココナッツミルクとエビの出汁が効いたスープが特長なのだとか。

さっそく開けてみると、乾麺と、付属のスープの素が2つ入っていました。乾燥エビや唐辛子などの香辛料が入ったペースト状の素と、ココナッツミルクが入った粉末状の素を、沸騰したお湯に入れて、同じ鍋に麺を7分ほど茹でたら出来上がり。

ココナッツミルクの濃厚さと、エビの出汁が合わさったピリ辛のスープに、もちっとした太麺が相性抜群! はじめは独特の香りに驚きましたが、日本では食べたことのないような本場の味わいを堪能できます。作った経過を見ていないと、袋麺だとは気づかないかも。

筆者はエビとパクチーをトッピングしてみましたが、そのほかにも魚介類や鶏肉やもやし、油揚げなどを加えても、よりいっそうおいしくいただけるのだそうです。

2.サンサス きねうち冷麺 150g…¥140 冷麺スープ…¥43

続いては、店員さんが人気だと教えてくれた「冷麺」。もっちり食感が楽しめる、そば粉入りの麺なのだとか。

作り方は、沸騰したお湯で麺を50秒茹でて、冷水で洗ったら出来上がりと超簡単! 今回は、キムチとゆでたまごのトッピングをして、別売りの冷麺スープと一緒にいただきます。

麺のコシがしっかりあって、心地いいのどごし。インスタントの冷麺は、たまにゴムのような食感にガッガリすることがあるのですが、こちらは違いました! 人気の理由に納得するクオリティです。

また、今回使用した別売りのスープも大人気なのだそう! 冷麺ならではのさっぱりした風味+辛さの調節もできます。

カルディの店員さんによると味が少しだけ薄めなので、使う水の量は少なめにしたり、2個使うのもオススメなのだそう。実際に作ってみると、確かにその通りだったので、水の量は自分好みに調整してみてください。

3.ビャンビャン麺 花椒オイスター味 270g…¥449

「ビャンビャン麺」ときいても「なにそれ?」という人も多いのではないでしょうか。こちらは『カルディ』で何度も売り切れていた人気商品なんです。

「ビャンビャン麺」とは、中国陝西省中部の「関中」と呼ばれる地域を中心に昔から食べられている幅広の麺のこと。

『カルディ』のオリジナル品のこちらは、花椒とオイスターソースの効いたタレとセットになっています。くっつかないように麺を1つづつ茹でて、ソースと和えていただきます。

食べてみると、1つの麺の食べ応えがすごい! 麺が幅広なので、トッピングしたひき肉とほうれん草を巻いて食べることもできてgood。つるつるもちもちとした食感が、やみつきになります。ソースは、見た目だけでは「薄いかも?」と思いましたが、食べてみると甘辛い味わいがしっかり。うどんとも違う、今まで食べたことのない麺を楽しめます。

いかがでしたか。今回は、夏にこそ食べたくなる『カルディ』人気の麺を集めてみました。以前食べたことがある人も、初めての人もこの機会にぜひチェックしてみてくださいね。

文・武市彩花

※レビューはすべて個人の感想です。
※この情報は2022年7月31日(日)時点での情報です。

文・武市彩花