秋は紅葉のシーズン。目にも鮮やかな景色が山々に広がるため、一年の中で最も景色が美しいと感じる人もいるでしょう。ゆっくり風景を楽しみながら山を歩けば、様々な気づきがあるかもしれませんね。実はそんなハイキングから“あること”がわかるのです。そこで今回は、ハイキング中に拾ったものを選ぶことで「対人関係で気をつけたほうが良いこと」がわかる心理テストをご紹介させていただきます。

Q.あなたはハイキングに出かけています。そこであるものを拾いました。それは何でしょう?

A:松ぼっくり
B:もみじの葉
C:きのこ
D:どんぐり

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストでわかるのは?

「対人関係で気をつけたほうが良いこと」

深層心理において“秋”は、あなたの人間関係における感性を反映するシーズン。そして、ハイキングは景色を楽しみながら歩くことから、人と人との距離感と密接な関わりがあり、拾ったものは気づきを意味します。そのため、秋のハイキングで何を拾ったか選ぶことにより、あなたの対人関係の注意点がわかるのです。

A:「松ぼっくり」を選んだあなた……相手への配慮が足りない

あなたは自分の興味関心ごとに全力を注ぐ性格なため、時として「やり過ぎ」てしまうことが。ある意味、突き抜けた素晴らしい才能でもあるのですが、相手の状況や環境をお構いなしにしてしまい孤立するおそれも。

そのため、常に相手の考えを確認することが大切です。声を掛けてあげることで、あなたが相手に配慮をしているということも伝わるはず。そうすれば、あなたは才能豊かで思いやりのある人として認識されるでしょう。

B:「もみじの葉」を選んだあなた……人間関係を切り捨てられない

あなたはみんなの心をまとめて、ひとつのことを成し遂げることを好むと言えるでしょう。そういった、偏見なく人と接することができるのは、あなたの魅力の一つです。

しかしその中には、あなたに悪意や敵対心を持った人も混じっているかもしれません。あなたの最大の弱点は、人間関係を切り捨てることができない「人情」とも言えます。皆と生産的な関係を築いていくためには、時として厳しく接することも必要と言えます。

C:「きのこ」を選んだあなた……相手からの厚意を受け取るのが苦手

あなたは愛情深く、時に自分が損をしてでも相手のためにできることをしようとするかもしれません。このこと自体は、とても素晴らしいことです。実は「損して得取れ」の原理にかなった行為であるとも言えます。

しかし、あなたの場合、自分が相手から何かをしてもらう時に、戸惑ってしまうことがあるようです。ですが、受け取ることで、相手が満足し喜んでくれることもあります。少しずつでも受け取る度量を養ってみてください。

D:「どんぐり」を選んだあなた……自分の意見を積極的に伝えられない

あなた自身、自分の分をわきまえており、人を押しのけてまで何かをしようというハングリー精神は少ないかもしれません。それはある意味、謙虚な姿勢でもありますが、限界を自分で作り出してしまっているということでもあります。そのため、あなたは自分の意見を積極的に発信しようとはしないでしょう。その結果、やりたいことを我慢してしまう結果に。

しかし、自分の心がウキウキすると、自ずと自分を押し出す勇気も湧いてくるはずです。あなたが意見を伝えることで、その場が活性化することだってあります。諦めずに自分の意見を伝える挑戦はしてみてください。

おわりに

人間関係は、私たちに喜びをもたらしてくれる反面、悩みの種になることもあります。でも、人は人と接することで磨かれていくもの。他者との摩擦を避けすぎると、お互いに成長する機会を失ってしまうこともあるでしょう。

今回の診断結果を参考に人間関係を築いていけば、あなた自身がより大きく成長できる可能性もありますよ。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター

株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。

©fuwari/gettyimages

文・脇田尚揮