ananフェムケア連載「Femcare File」。今回のテーマは、「性交痛、ガマンしてる?」。多くの女性が悩みを抱えながらも周囲やパートナーにはなかなか相談しづらい性交時の痛みと解消法について考えます。

性交痛、ガマンしてる?

性交痛に悩む女性は非常に多いのが現状。

性交時に痛みを感じるという女性は多く、anan総研メンバーに行ったアンケートでも約8割が悩みを抱えていることが判明。しかし周囲には相談しづらく、またパートナーにも言いづらい、非常にデリケートな問題であるため、「仕方ないこと」と諦めている人も少なくないはず。そんな悩みに寄り添う、アメリカ発の性交痛軽減アイテムが登場。販売するメーカーの担当者の方に使い方とともに、性交時のコミュニケーションの大切さについても伺いました。

※20〜30代のanan総研メンバー150名にアンケート。

Q、性交渉の際、痛みを感じることがありますか?

だいたい痛い…17%、たまに痛いことがある…62%、痛みはない…21%

「たまに痛いことがある」という人を含めると、約8割が性交渉の際に痛みを感じているよう。また痛みを感じることを“仕方ない”と思っている人も多いことが判明。

Q、痛みがある人に質問。性交渉の際、性的に満足していますか?

痛みのため満足できない…28%、どちらかというと満足…44%、痛みはあるが満足している…28%

約3割が痛みのために、性的な満足度が低いと回答。痛みがあることをパートナーに伝えづらく、精神的なプレッシャーのために楽しめないと答えた人も…。

Q、痛みがある人に質問。性交渉の際に、何か対策していますか?

潤滑ゼリー…29%、性交痛軽減グッズ…12%、対策なし…59%

約6割は痛みがあっても、とくに対策をしていないことが判明。潤滑ゼリーなどの存在を知っていても、なかなか上手くパートナーに提案できないのが現実のよう。

Q、痛みがある人に質問。パートナーに気づいてほしいと思いますか?

とても思う…56%、少し思う…33%、気づいてほしくない…11%

その思いの強さに違いはあるものの、約9割が性交時の痛みをパートナーに気づいてほしいと回答。その一方で“自分から”は、言い出しづらいという声も多数。

子宮内膜症などが原因で、痛みを感じている場合も… 。

性交痛には、痛む場所によって異なる原因が潜んでいます。外陰部が痛む場合に考えられるのは、十分に濡れていない、処女膜が硬いケースなど様々。

下腹部の奥が痛む場合は、子宮や卵巣の病気が隠れている可能性が…。子宮筋腫や卵巣腫瘍で膣が圧迫されていることも。また、クラミジアや淋菌などへの感染により子宮や卵巣に炎症が起きて周辺の臓器と癒着し、性交渉の衝撃で痛みを感じることもあるので注意が必要といえます。

「痛みぐらいで行ってもいい?」と思う方も多いかもしれませんが、痛みがあるなら婦人科で受診を。病気の発見はもちろん、セックスカウンセリングにより痛みの原因や改善法を探ることで、不安を和らげることもできますよ。

髙橋怜奈さん 産婦人科医。東邦大学医療センター大橋病院に在籍。診療の傍ら、SNSやYouTubeなどで医療情報を広く発信。元プロボクサーでもある。

おすすめ解決アイテムはコレ!

fermata 「OHNUT」
医療の専門家と協力して開発された、アメリカ発の性交痛軽減アイテム。リングを男性器やトイなど挿入側の根元に装着して使う。リングを重ねたり外したりして挿入する深さを調整することで、挿入時の動きによる膣の衝撃を吸収し、痛みを軽減。コンドーム、潤滑剤(水性、シリコン性)との併用もOK。使用後は、石鹸で水洗いしてお手入れ可能。フェムテック専門オンラインストアや店舗を展開するfermata(フェルマータ)で購入できる。

パッケージの中に、リング4つ入り。コロンとしたフォルムがかわいい。クラシック、15%幅広のワイドの2サイズを展開。各¥7,980(fermata store)

パートナーとのより深いコミュニケーションを構築するきっかけに。

性交痛の悩みは根深い。パートナーとの濃密な時間を楽しむはずが、心の底では「痛いから早く終わらないかな…」などと願ってしまい、自己嫌悪を覚える人もいるだろう。打ち明けづらいことだけに、悩みを抱え込みがちという側面もある。

アメリカ発の「オーナット」は、そんな女性たちが抱える悩みを解決してくれるアイテム。オーナットを販売するフェムテック企業「fermata(フェルマータ)」の店舗運営担当・石本亜里紗さんによれば、オーナットのファウンダーであるエミリー・ザウアーさん自身の悩みや経験から生まれたアイテムだという。

「エミリーさんも性交痛に悩んでいて、時には自分を責めてしまうこともあったそう。また、カップルが健やかに関係を続けるために必要な会話やコミュニケーション、お互いをいたわる手立てが知られていないことにも疑問を感じたのだとか。そこで、パートナーと向き合おうとする人に性的充足感を提供したいという思いから、オーナットは開発されました」

構想から約2年をかけ、世に送り出されたオーナットは、ドーナツを重ねたようなかわいらしいフォルムが印象的。一つひとつがリング状になっていて、このリング部分を男性器やトイの根元に装着。挿入の深さを調整し、膣の痛みを軽減する。

「ワンパッケージに4つのリングが入っており、重ねるほど挿入が浅くなります。まずは、リングを3つつなげて試してみるのがおすすめ。そこからリングを増減させて、自分にぴったりな深さを探っていきます」

リングは伸縮性があり、肌に吸いつくような感触。内側はプルプル感があり挿入する側の気持ちよさも考えられている。コンドームとの併用も可能だ。

「オーナットを根元まで挿入するには、潤滑剤を使うと便利です。潤滑剤は水性かシリコン性のものを。サイズは、クラシックとワイドの2種類。大きすぎて使用できないことはまずないので、迷ったらワイドを使用してみてください」

自分から「これを使って」と提案しづらいとためらう人もいるかもしれない。でも、痛みを我慢し続けるのは健全な状態ではなく、より良い関係の構築のためには一歩踏み込んだコミュニケーションが必要になる。

「パートナーが自分の体を否定されたと感じないよう、相手を肯定しながら、自分が痛みを抱えていることを伝えてみましょう。ぜひ、オーナットをパートナーとより深いコミュニケーションを築くためのきっかけにしてほしいと切に願っています」

※『anan』2022年10月5日号より。イラスト・REDFISH 取材、文・音部美穂

(by anan編集部)