何かとイベントが続く年の瀬が近づいてきました。2022年最後の月を有意義に過ごせるように、12月の金運と仕事運を12星座別にチェックしておきましょう。

【2022年12月の金運&仕事運】

おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)

金運は上々で、中長期的なマネープランを立てるなら20日までに考えると良さそうです。投資や個人年金、保険の加入を考えている人は具体的にアクションを起こして。

欲しい情報は早めに資料請求をすると、上旬のうちに比較検討できるはずです。

おうし座(4月20日〜5月20日生まれ)

お金について努力を重ねてきたのなら、8日以降に現時点での成果が表れるでしょう。必要に応じて方向転換をしたり、テコ入れをする必要があるかもしれません。

一方で、節約やお金の使い方の見直しなど、改善点が明らかになる場合もあります。

ふたご座(5月21日〜6月21日生まれ)

金運は12月下旬から右肩上がりに。クリスマスには、意外な人からプレゼントをもらうかもしれません。

パーティやイベントに顔を出す予定があるのなら、仕事や副業でプラスになる人との出会いがありそうです。

かに座(6月22日〜7月22日生まれ)

12月は何かと出費が増えるかもしれないので、手元にあるお金だけでやりくりしましょう。基本的には節約志向が良いですし、借金やローン払いにしてしまうと、後で苦しくなりそうです。

ただし、大切な人へのクリスマスプレゼントや帰省など、お金を使うべきところには出し惜しみをしないように。

しし座(7月23日〜8月22日生まれ)

楽しいイベントや趣味にお金を使いやすい月です。意識して節約しないと、年末が差し迫るころに金欠状態になるかもしれません。

何も予定がないのなら、積極的に節約して無駄遣いを控えるといいでしょう。電子マネー派の人はチャージ額をつねに把握しておくように。

おとめ座(8月23日〜9月22日生まれ)

今月は恋愛や趣味にお金がかかりやすいでしょう。好きな人へのクリスマスプレゼントに高級品を贈るなら、本人が欲しいアイテムを選ぶと良さそうです。

下旬は特に出費がかさむかも。あちこちからお誘いがかかったら、顔を出すイベントは厳選したほうがいいかもしれません。

てんびん座(9月23日〜10月23日生まれ)

今季に必要な冬物アウターや家電は、早めに手に入れるのが良さそうです。気に入ったものを見つけたら、迷わず買ったほうが日常生活の満足度が上がるでしょう。

下旬は、家族や恋人にお金を使うことになるかも。クリスマスや年末は、いろいろと奮発したくなるようです。

さそり座(10月24日〜11月21日生まれ)

月の前半はお金が動きやすいでしょう。ただ無駄遣いをするというよりも、「クリスマス用にアレを買って、帰省するからコレを予約して……」と明確な目的に適切な金額を払うことになるはず。

また、住環境を快適にするための買い物は、出し惜しみしないほうが良さそうです。

いて座(11月22日〜12月21日生まれ)

クリスマス前に、急な出費がちらほら出てきそうです。忘年会に突然誘われたり、趣味のイベントへの参加が急に決まったりするかもしれません。

師走は何かと物入りな時期ですが、なるべく節約を心がけて、月末まで懐に余裕のある状態を保つといいでしょう。

やぎ座(12月22日〜1月19日生まれ)

やぎ座はもともと堅実なところがあるので、出費がかさむ師走も堅実にお金を使えるでしょう。本当に付き合うべき仲間を正しく見極めれば、興味のない忘年会に行って無駄遣いをすることもないはず。

自分へのご褒美として、欲しいものを買う余裕もありそうです。

みずがめ座(1月20日〜2月18日生まれ)

今月は、友人や職場の人との付き合いにお金がかかるかも。なかには面倒な会食もあるかもしれませんが、年内につながっておくと得する人がいそうです。

価値観やスタンスが近い人がいれば、積極的に会って仲良くなるといいでしょう。

うお座(2月19日〜3月20日生まれ)

今月は、自己投資にお金を費やすかもしれません。長い目で見て身につけておくと良いスキルには、積極的になるといいでしょう。資格取得やビジネスセミナーの受講は、前向きに検討すると良さそうです。

自分磨きをするなら、美容よりも仕事面で良いお金の使い方ができるはず。

沙木貴咲

占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。

©Sam Edwards/Anastasiia Krivenok/gettyimages

文・沙木貴咲