年末年始は何かと出費の多い時期ですが、近い将来お金が入ってくるのであれば、恐いものなしでしょう。今回は、2023年上半期の金運を12星座別に分析して、“金運上昇するのは誰か”をご紹介します。

おひつじ座3/21〜4/19

2023年5月中旬あたりまでは、たくさんの幸運に恵まれて、金銭的な心配をせずに済みそうな予感です。収入源が安定するほか、思いがけない臨時収入などを得ることもあるでしょう。春先までは、遊びの出費を抑え気味にした方が安心できるかもしれません。

おうし座4/20〜5/20

仕事での収益がアップして、十分なお金を得るチャンスがありそうです。ストレスを感じることから距離を置いて、自分らしく楽しく働ける環境を選ぶことが大切。“美しいものに囲まれた生活を目指す”ことがテーマです。

ふたご座5/21〜6/21

予想外の出費といった、突発的な出来事に翻弄されそうな予感なので、出費に備えておきましょう。一方で、自分の限界を超えるくらいの頑張りを見せると、大きな収入を得るチャンスもありそうです。

かに座6/22〜7/22

2023年の初めから金運が良く、細かな収入がありそうです。金銭面では、ある程度ゆとりを持って過ごすことができるでしょう。ただし、入ってきたお金はすぐに使ってしまわないよう、注意が必要です。晩春頃から出費が増えそうな可能性があるので、蓄えを作っておくのが吉。

しし座7/23〜8/22

金運はなかなか良い運勢ですが、現金よりも現物を手に入れるチャンスが多い時期のようです。将来値上がりする可能性のある、価値あるものを購入するなど、金銭以外の形で蓄えを作っていくのも良いでしょう。

おとめ座8/23〜9/22

2023年上半期は細かな臨時収入の多い、充実した金運となりそうです。少額の懸賞などに当選しやすい時期なので、面倒くさがらずにトライしてみるとよいでしょう。一攫千金を狙いすぎないことが大切です。

てんびん座9/23〜10/23

2023年上半期は、金運の移り変わりが激しい時期のようです。お金につながるチャンスを感じたら、意欲的に行動することが重要です。出遅れると、お金との縁が逃げてしまうかもしれません。一瞬のチャンスも逃さないようにしましょう。

さそり座10/24〜11/22

2022年の間にまいた種が、2023年上半期に収穫の時期を迎えそうです。収入につながる可能性を見越して投資をしたのなら、そこにチャンスがあるはず。既存のスキルに再投資することでも、お金が舞い込んでくるでしょう。

いて座11/23〜12/21

お金に執着しすぎず、のんびり過ごすことができそうな2023年上半期。一攫千金の機会は少ないかもしれませんが、安定的に金運が推移するのでお金に困る心配はなさそうです。ニュースや周囲の話に流されず、自分の生活に集中することを心がけて。

やぎ座12/22〜1/19

2023年の年明けからしばらくは金運に波があるため、想定外の出費に苦しむことがあるかもしれません。しかし、金銭的な窮地に追い詰められることはなく、春までには難局を抜けて、心に余裕を取り戻せるでしょう。

みずがめ座1/20〜2/18

一攫千金を夢見て失敗しそうな時期です。大きなチャンスに飛びつこうとせず、現状維持を心がけることが金運上昇のために必要です。珍しいものに挑戦するよりも、得意分野を伸ばすことでお金につながっていく時期です。

うお座2/19〜3/20

2023年上半期は、面白いようにお金が入ってきそうな予感です。ちょっとした副業でもいいので、挑戦したいことはなるべく取り組むようにしましょう。手数の多さが収入の多さに直結するはず。人の意見に流されず、自分の意志で行動することが大切です。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

©coldsnowstorm/stock-eye/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ