ひとつひとつの顔の筋肉を意識して鍛えよう! マスク生活でサボっていた筋肉を目覚めさせ、生き生きとした表情作りを。

1週間で変化が!? 顔筋トレにトライ!

頬のたるみやほうれい線が気になり、生き生きとした表情が作れない…。そんな悩みを抱える20〜30代女性が増えている、と表情筋研究家の間々田佳子さん。原因は、「マスク生活が長く続いたことで、明らかに顔の筋肉が運動不足になっているから」だそう。

顔の筋肉は体の筋肉のようにひとつひとつが骨や関節にくっついていないので、伸ばしたり縮ませたりという動きがしにくい。

「顔の筋肉は意識して鍛えないと地滑りを起こすように垂れてきます。年齢に関係なく、マスク生活で口角から上の筋肉を使わないことで、顔がもたついてきたと感じている若い女性が多いのです」

だからこそ、今このタイミングが筋肉の各パーツを鍛えるべき。

「顔の筋肉は小さいので早くて1週間で変化が表れます。しかし動かし方にはクセがあるので、はじめは左右均等に動かすのが難しいことも。じっくり鏡を見ながら左右バランスよく動くようにトレーニングしましょう」

基本の姿勢

間々田さんが提唱する独自のメソッド、「コアフェイストレーニング(R)」のベースは顔と体の中心軸を整えること。そのためにはまず、基本の座り姿勢を身につけるのが第一歩。足裏を床につけて座り、坐骨で椅子を押す。おヘソの下に力を入れてお腹を引き締め、背すじと首をまっすぐに。まずは姿勢を正して、顔筋トレのスタートです!

口角舌筋ストレッチ

口角を引き上げる筋肉を縮ませて、上の歯をしっかり見せる練習。

1、目を大きく開いて舌を前に突き出し、上下の歯で軽く挟む。

2、舌の位置はそのまま、上の歯およそ8本を見せ左右に隙間を作った状態で口が逆三角形になるよう口角を引き上げる。このとき下の歯が見えてしまわないように。最初は指でサポートして口角を引き上げてもOK。最短で5秒、10秒キープできれば上出来。
NG:一緒に目を細めないように

頬のVトレ

狙いは頬全体を引き上げる大頬骨筋。手でサポートしながら頬の下垂を解消。

1、口角を上げて上の歯8本を見せてにっこり笑う。

2、左右の手の親指と人差し指のL字部分で、頬の肉をぐっと持ち上げる。腋を締め、目は大きく開けた状態で、頬を最大限に上げること。

3、左右の手を離し、頬の位置が変わらなければ大頬骨筋が使えている証拠。そのまま5〜10秒キープ。

リップトレ

唇まわりをぐるりと覆う口輪筋を刺激してぷるんぷるんのリップを作る。

唇を真ん中に引き寄せて花が開くように外側に開く。左右の口角をできるだけ引き寄せ、唇と歯の間に空間を作るつもりで口をまん丸にするのがポイント。このとき奥歯を噛み締めたり眉間にシワを寄せないように。最初は唇の上にペンを当て、唇をめくり上げるイメージを掴むとやりやすい。5〜10秒キープ。

舌筋プッシュアップ

舌を上顎にべったりくっつける感覚が大事。ぼんやり口元&タルタル首を矯正。

両手を後頭部に当てて頭を前に押す。頭はその力に対抗するよう後ろに持っていく。これが頭蓋骨の正しい位置。口を閉じ、舌を上顎にベターッとくっつけて押す。両手を頭から離して、首の筋肉が緊張しているのを意識できればOK。そのまま5〜10秒キープする。顎が前に出たり首の後ろが縮まないように。

あごステップ

顎の下の広頸筋を意識して動かし、もったりした顎のラインをすっきりと。

1、両手を交差させてデコルテの中央に当て、舌全体を上顎にくっつける。舌を上顎にくっつけたまま、縄ばしごの1段上に引っ掛けるようなイメージで顎を上げる。

2、顎だけを上に向けるのではなく、空間を作りながら顎を引く。顎の下の広頸筋をしっかり動かすことが重要。4秒かけて引っ掛けて4秒かけて顎を引き2セット。
NG:首をすくめないように

フェイスストレッチ

小鼻の横の上唇鼻翼挙筋を大胆に伸ばし、表情筋全体の血行をアップ。

1、口の形を「う」にして左右の口角を寄せ、唇を小鼻と同じ幅にする。
NG:眉間にシワを寄せない

2、小鼻の横の筋肉を縦に長く伸ばすイメージで鼻の下をできるだけ伸ばし、口を「お」の形にする。

3、次に、視線を上に向ける。唇と目で引っ張り合うように顔を上下方向にストレッチさせる。そのまま5〜10秒キープ。

上の歯8本+左右の隙間が見える表情の意識づけを。

顔筋トレはいつでもどこでも行えるのがメリット。たとえば、「誰かに会った瞬間に上の歯8本を見せて微笑む習慣をつけましょう。それだけでも口角挙筋や大頬骨筋が鍛えられます」

基本姿勢のキープが顔筋トレの効果キープに直結。

顔の歪みは体の歪みから。逆に姿勢を正すことで顔が放つオーラが違ってくるという。「おヘソの下をキュッと締めて頭が天井から引っ張られているイメージを持ちましょう」

ままだ・よしこ 著書15冊以上。研修やイベントなどレッスンの受講者はのべ3万人を超える表情筋研究家。顔の筋トレを広めるべく精力的な活動を続けている。

※『anan』2023年2月1日号より。写真・小笠原真紀(モデル) ヘア&メイク・yumi(Three PEACE) モデル・ベッドナルツ玲奈(LIGHT management) イラスト・山中玲奈 取材、文・石飛カノ

(by anan編集部)