【台南】古都でのんびり、美食とノスタルジーに浸る。

17世紀のオランダ統治時代以降、台南は長らく台湾の政治、文化の中心地だった。日本でいうならば京都のような存在で、由緒正しい寺院や古い城など、歴史的スポットが点在。街並みはどこか懐かしい雰囲気が漂っている。

そんな台南は「美食の都」ともいわれ、近郊には肉や魚、米、果物などの産地も多い。新鮮で高品質な食材が手に入りやすく、麺、お粥、スイーツなど安くておいしい名物グルメもたくさんあり、いろいろ食べ歩きをするのも楽しみの一つ。

さらに、路地裏や市場、アーケードなど何気ない場所にも、美しい手仕事の店や居心地のいいカフェがひそんでいたり。ノスタルジックな街をぶらりと散策して、自分だけのとっておきと見つけるのも、台南ならではの旅の醍醐味だ。

舌もお財布も喜ぶ小吃グルメ三昧!

小杜意麺(シァオドゥイーミィェン)

肉そぼろだれが絡む絶品あえ麺をぜひ。
低温の油で揚げる台南の意麺。もちっとしたこちらの自家製麺を堪能するなら、ぜひ「乾」(汁なし)で。先々代から継ぎ足している肉そぼろの煮込みとラードを麺に絡ませ、豚肉とキャベツをのせた一品は、やさしく深みのある味わい。意麺・乾 小50元、※(食部+昆)※(食部+ノ部+七)湯30元。TEL:06・220・8979 16:30〜24:00 不定休 カード不可、日本語メニューなし、日本語可。

ACCESS NAVI:台南市中西區友愛街143號

文章牛肉湯 安平總店(ウェンヂャンニョウロウタン アンピンゾンディェン)

中心部から少し離れた場所ながら、昼夜問わず、行列が絶えない超人気店。名物は朝さばいた牛肉に、熱々の旨みたっぷりの牛骨スープを注いだ牛肉湯。ほんのりピンクに色づいた新鮮な牛肉は、甘みがあり感動の柔らかさ。特選牛肉湯270元。TEL:06・358・7910 10:30〜翌2:00 無休 カード不可、日本語メニューなし、日本語可。

ACCESS NAVI:台南市安平區安平路300號

再發號(ツァイファーハオ)

1872年創業のちまき専門店。名物は甘辛く炊いたもち米の中に、鮑や豚の角煮、椎茸、塩漬け卵、栗、貝柱などが贅沢に入った特製八寳肉粽。あとは、はまぐりのスープをつけるだけでお腹は大満足。特製八寳肉粽170元、蛤仔湯50元。TEL:06・222・3577 10:00〜20:00 無休 カード不可、日本語メニューあり、日本語不可。

ACCESS NAVI:台南市中西區民權路二段71號

開元※(魚へん+土)※(魚へん+ノ部+七)魚羹(カイユェントゥトゥォユーゴン)

ローカルな食堂ながら、2022年、2023年と2年連続でミシュランのビブグルマンに選出。こちらで食べたいのが、サワラのフライ入りスープ。甘酸っぱいとろみスープと、サクサクのサワラのフライのバランスが絶妙。紅燒※(魚へん+ノ部+七)・小90元。TEL:06・237・3195 9:00〜18:30 無休 カード不可、日本語メニューあり、日本語不可。

ACCESS NAVI:台南市北區開元路307號

集品蝦仁飯(ジーピンシャーレンファン)

出汁が染み込んだご飯に、甘辛く炊いたエビをのせた蝦仁飯は台南っ子のソウルフード。この店のエビは、安平港から直送しているのでぷりぷり! 濃厚なアヒルの卵の目玉焼きと一緒にどうぞ。蝦仁飯65元、煎鴨蛋20元、蝦仁鴨蛋湯50元。TEL:06・226・3929 10:00〜20:00 無休 カード不可、日本語メニューあり、日本語少し。

ACCESS NAVI:台南市中西區海安路一段107號

葉家小卷米粉(イェジャーシァオジュェンミィフェン)

看板メニューのイカ入りビーフンは、米粉と玄米粉が原料の柔らかい麺とぷりぷりのヤリイカが食べ応えたっぷり。野菜やイカで出汁をとった澄んだスープも、あっさりと甘めで美味。小卷米粉130元、小卷蛋80元。TEL:06・222・6142 8:30〜15:00(土・日曜〜14:00) 月・火曜休 カード不可、日本語メニューあり、日本語少し。

ACCESS NAVI:台南市中西區國華街二段142號

阿堂鹹粥(アータンシィェンヂョウ)

老舗のお粥専門店のおすすめは海鮮粥。魚介のスープで生米から煮たお粥に、鮮度がよく脂が乗ったサバヒーや、焼いて身をほぐしたサワラのそぼろなどをトッピングした一品は、コクがあって滋味深い。綜合鹹粥180元、油條20元。TEL:06・213・2572 6:00〜13:00 火曜休 カード不可、日本語メニューなし、日本語可。

ACCESS NAVI:台南市中西區西門路一段728號

裕成水果店(ユーチェンシュェイグゥォディェン)

マンゴーをはじめとするフルーツの名産地、台南。そんな台南産果物を使ったかき氷が人気。なかでも綜合水果冰淇淋は旬のフルーツがどっさり。仕上げにマンゴーアイスをのせたカラフルな見た目に心が躍る。綜合水果冰淇淋195元。TEL:06・229・6196 12:00〜24:00 月曜休 カード不可、日本語メニューなし、日本語可。

ACCESS NAVI:台南市中西區民生路一段122號

無名豆花(ウーミンドウファ)

大豆の風味が感じられる豆花は、80年前にお店を始めた祖父から受け継いだ味。黒糖と紅糖をブレンドした秘伝のシロップも、やさしい甘さで後味さっぱり。自家製あんこのトッピングは絶妙なバランス。紅豆豆花40元。TEL:0939・629・234 9:30〜17:30 火・水曜休 カード不可、日本語メニューなし、日本語少し。

ACCESS NAVI:台南市北區北忠街176號

※『anan』2024年6月19号より。写真・清水奈緒 構成、文・野尻和代 コーディネーター・王良※(金へん+玉)(TOP TAIWAN) 取材協力・関 俊行

(by anan編集部)

あわせて読みたい

anannewsFood 本場の味を日本で楽しめる! レトロかわいい“台湾ストリートフード”2021.11.11anannewsFood 台湾グルメも目白押し「代官山 蔦屋」のモデル書店が日本上陸!2019.9.26anannewsFood 台中で街の喧騒を忘れ…午後のティータイムを楽しむ2017.4.10anannewsFood 台湾でゆったり買い物したいなら「富錦街」へGO!2017.4.6anannewsFood お菓子の量り売りに手彫りの木皿 台南で買って帰りたいお土産2017.4.10