No. 301

こんなに使いやすくて美しい形のバターナイフを、僕は他に見たことがありません。デザインは大分県日田市の木工房〈クラフトハウスYASMA〉で代表を務めていた安間邦昭によるもの。残念ながら2003年に彼が他界してしまったため、現在、この製品は作られていないようです。女性の手には少し大きめなサイズですが、しっかりとした持ち手のおかげで扱いやすくなっています。厚みがあるため、バターのついた刃の部分がテーブルに付かないという利点もあります。

photo:Naoki Seo

Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。 swimsuit-department.com