2022年5月11日発売の特別編集MOOK台所と道具にまつわるコンテンツをまとめた1冊から、一生付き合える調理道具について、料理家・冷水希三子さんに検証して選んでもらいました。

どんな場所にも滑り込める柔軟性を。

ターナーとはフライ返しのこと。目玉焼きや肉や魚のソテーなど、フライパンでこんがり焼いた料理を取り出したり、ひっくり返したり。失敗すると料理が台無しになってしまうので、意外と大役を担う道具です。例えばフライパンいっぱいに餃子を並べて焼いたとき、ターナーを入れようと思ってもフライパンの縁にぶつかったり、ターナーの先端がうまく餃子の下に入らなかったりしませんか? それはターナーのサイズが大きすぎたり、ターナー自体に柔軟性がなかったりするからです。使いやすいのは小ぶりのサイズ。へら部分が薄く、ある程度しなやかさがあるもの。フライパンと料理の隙間にスルッと入り込めるものが理想です。

検証1 小ぶりなサイズでも大丈夫。

ターナーの役割は料理をのせて運ぶことではなく、あくまでもフライパンに張りついた食材をはがすこと。目玉焼きがひとつのるくらいのサイズが小回りが利いて使いやすいです。

検証2 何はともあれ柔軟性。

力の加減でしなる構造のターナーは、小さなフライパンでも隙間からスルッと入り扱いやすい。へら部分が薄いと、フライパンに張りつきやすい餃子なども上手にはがせます。

〈Ateco〉のターナー

ペコペコと音がするほど極薄のステンレス板を使った柔軟性の高さが魅力。煮崩れしやすい料理をすくうターナーとしても。柄が短いコンパクトなサイズ。フレキシブル ターナー¥1,320(HOEK info@hoek.jp)

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
RELIABLE KITCHEN TOOLS

冷水さん愛用の〈貝印〉の計量スプーン。使い勝手のよさと美しい佇まいを兼ね備えた名品。

毎日使っている調理道具。デザインに惹かれて買ったものや、親から譲り受けたもの、さまざまな経緯で手元にあると思います。でも、ふとした瞬間に「ちょっと使いづらいな」と思うことはありませんか。それは気のせいではなく、きちんと理由があるんです。その”理由”にじっくり向き合い、”考えて”みる。料理家の冷水希三子さんと、一生付き合える道具を検証、選んでみました。

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。記事一覧はこちら

photo : Kazumasa Harada styling : Kimiko Hiyamizu edit & text : Yuriko Kobayashi


ひやみず きみこ 冷水 希三子

料理家。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告で活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集める。著書に『ONE PLATE OF SEASONS─四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』 『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。