「日本アカデミー賞」に唯一、一般の映画ファンが投票に参加できる“「オールナイトニッポン」リスナーが選ぶ「日本アカデミー賞話題賞」”の最終結果が発表。作品部門には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』、俳優部門には小栗旬(『罪の声』)が選ばれた。

「日本アカデミー賞」は、今回で44回目となる“日本映画界最高の名誉”との呼び声も高い映画賞である。
同賞に唯一、一般の映画ファンが投票に参加できるのが、「オールナイトニッポン」リスナーが選ぶ「日本アカデミー賞話題賞」だ。
2021年2月5日に締め切られ、総投票数13万3,456通の投票により作品部門には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』、俳優部門には小栗旬(『罪の声』)が選出された。

過去、作品部門には、同賞が設置された第3回(1980年)の『銀河鉄道999』をはじめ、第13回(1990年)『魔女の宅急便』、第15回(1992年)『おもひでぽろぽろ』、第21回(1998年)『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』、第40回(2017年)『君の名は。』 がアニメ作品で選出されている。

「第44回日本アカデミー賞」は、3月19日にグランドプリンスホテル新高輪にて授賞式を開催。
また、「日本アカデミー賞話題賞」受賞者のスペシャルインタビューを交え、授賞式の模様をお届けするを「オールナイトニッポン0(ZERO)〜日本アカデミー賞SP」も、3月19日27時〜29時に放送。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)2020 映画「罪の声」製作委員会