2022年Twitter上で頻繁に使用されたフレーズを調査した「SNS流行語大賞 2022」の大賞が、ちいかわ構文として流行し累計270万回以上つぶやかれた「〇〇ってコト!?」に決定した。

「SNS流行語大賞」は、ネットセキュリティに関わるサービスを提供するイー・ガーディアンが、日々のソーシャルリスニングで蓄積したデータをベースにTwitter上で広くつぶやかれたワードを独自で調査し、その年に最も多く投稿された(バズった)ワードを決めるもの。
2022年1月1日から2022年11月7日までの期間が対象となる2022年度は、30ワードがノミネートされた。

その中で、人気漫画『ちいかわ』関連のフレーズが大賞に。「〇〇ってコト!?」は、ちいかわに登場するキャラクター・ハチワレの口癖が発祥。2020年頃よりSNS上では「ちいかわ構文」の一つとして知られていたが、今年はテレビアニメ化や企業とのコラボが相次ぎ、SNS以外でも広く親しまれたことでさらに話題になったと考えられる。

「〇〇ってコト!?」はどのような会話でも利用しやすい汎用性の高さから多く使われ、1日あたりの話題量(リツイート込み)は2021年5月時点では約600件だったのに対し、2022年11月は約1万件に増加。2022年1月からは累計277万回以上の話題量を記録した。

2位・3位はテレビドラマ関連のハッシュタグがランクイン。「#silent」は現在放送途中にも関わらず240万件以上の話題に。毎週放送時間帯は常にTwitterトレンド入りしており、見逃し配信の視聴回数も民放歴代1位を記録するなど大きく盛り上がっている。テレビ離れと言われる中でも、感想をリアルタイムに語りあえるSNSとの相性の良さを感じる結果となった。

4位・5位は1位の「〇〇ってコト!?」と同じく2次元コンテンツキャラクターのセリフがランクイン。「おハーブですわ」はネットスラングの“草生える”をお嬢様風に言い換えたワード。ネットの一部では比較的古くから用いられていた言葉だが、Vtuberの壱百満点原サロメのブレイクにより、他の“お嬢様言葉”と共にTwitter上では広く利用された。

「アーニャ語」は今年大ブレイクした漫画『SPY×FAMILY』に登場するキャラクター・アーニャのセリフが発祥。舌足らずさや言い間違えが“かわいい”と人気になり、SNS上でも広く使われた。

さらに、「ゲーム」「漫画・アニメ」「テレビ・映画」「食べ物・モノ」の各部門において最も多くつぶやかれたトピックも調査。各部門における流行語大賞も併せて発表された。

■ゲーム部門



今年リリースされたゲームでは、9月に発売された『スプラトゥーン3』への注目が最多に。発売前から前夜祭で盛り上がり、発売から2か月以上経つ現在もコラボフェス等のイベントで話題となっている。5位の『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、発売前でも350万件以上の話題を記録。“ニャオハ立つな”という言葉が発売日直前にSNSらしいネタとして楽しまれていた。

■漫画・アニメ部門



昨年は『PUIPUIモルカー』が突出したが、今年は注目された作品が多く接戦に。『SPY×FAMILY』が1位になったが、上位は僅差だった。漫画原作やガンダムシリーズがランクインする中、オリジナルアニメの『リコリス・リコイル』が『ちいかわ』に続く5位となったのは要注目だ。

■テレビ・映画部門



『鎌倉殿の13人』が1位。日曜の放送時間帯は毎週のようにTwitterトレンドに上がり、年間通して注目された。毎回のように語りたくなるテーマがあり、「#全部大泉のせい」をはじめとしたハッシュタグで感想が語られており、5位には現在放送途中にも関わらずフジテレビ「silent」がランクイン。こちらも毎週トレンド入りしており、最終的にどこまで話題が伸びるのか目が離せない。

■食べ物・モノ部門



食べ物・モノ部門の1位は「ヤクルト1000」。「ストレス緩和」「睡眠の質向上」に効果があるとして、従来の乳酸菌飲料には無かった機能が大きく注目された。2位は「カヌレ」に。昨年の食べ物・モノ部門で40万件の話題量を獲得し5位に入っていたのだが、今年はその3倍以上の躍進となった。4位・5位の「琥珀糖」と「地球グミ」はYouTube起点でTwitterでも注目されている。

※文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。