夏アニメ『文豪ストレイドッグス』より、2023年9月20日(水)から放送の第61話(最終話)「黄昏のさようなら」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

『文豪ストレイドッグス』は、朝霧カフカと春河35が2012年から「ヤングエース」にて連載中のマンガを原作とする異能バトルアクションだ。中島敦、太宰治、芥川龍之介など、実在する文豪の名を懐くキャラクターたちが活躍する姿を描く。関連書籍は2022年12月時点で、シリーズ累計1,200万部を突破する。

TVアニメは2016年に第1シーズン、第2シーズンが2クールにわたって放送され、2018年3月には映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』が上映。2019年4月に第3シーズン、2021年1月にスピンオフの『文豪ストレイドッグス わん!』を放送してきた。2023年1月より第4シーズンが放送され、第5シリーズはそれに引き続いての放送となる。



第61話(最終話)「黄昏のさようなら」あらすじ
敦の声は芥川に届かず、羅生門がその手脚を引きちぎる。ムルソーの太宰もまた、中也の銃に額を撃ち抜かれていた。

国連委員長との取引を反故にし「大指令(ワンオーダー)」で人類軍に侵攻を命じる福地。核ミサイルが発射シーケンスへ移行し、無数の軍用ヘリが空を埋め尽くす。

不安げに空を見上げる人々。「みんな死ぬ……なんで?」。福地の使役から解放すべく、ブラムに突き刺さった聖十字剣を必死に抜こうとしていた文は……。

『文豪ストレイドッグス』第61話(最終話)「黄昏のさようなら」は、9月20日よりTOKYO MXほかにて放送開始。

前回のあらすじ
第60話「人外魔境(其の三)」
燁子から福地が懐く真の目的を聞き、打ちのめされる敦。おぼつかない足取りで福沢のもとへ向かっていたとき、空にほど近い空港管制塔の屋根の上に文とブラムがいることに気づく。だが、そこへ襲い掛かる、吸血種化した芥川――!

一方、フョードルのもとにも吸血種化した中也が付き従っていた。
一度は太宰が勝利を収めたかと思われたゲームは、中也によって逆転される。迫りくる危機の中、太宰はシグマに後を託し……。





【放送情報】
WOWOW 7月19日より毎週水曜24時00分〜
TOKYO MX 7月12日より毎週水曜23時00分〜
サンテレビ 7月12日より毎週水曜24時00分〜
テレビ愛知 7月12日より毎週水曜25時30分〜
BS11 7月13日より毎週木曜23時00分〜
KBS京都 7月13日より毎週木曜24時00分〜

【CAST】
中島 敦:上村祐翔
太宰 治:宮野真守
国木田独歩:細谷佳正
江戸川乱歩:神谷浩史
谷崎潤一郎:豊永利行
宮沢賢治:花倉桔道
与謝野晶子:嶋村 侑
泉 鏡花:諸星すみれ
福沢諭吉:小山力也
芥川龍之介:小野賢章
中原中也::谷山紀章
条野採菊:梶裕貴
末広鉄腸:阿座上洋平
立原道造:林 勇
大倉燁子:小市眞琴
福地桜痴:大塚明夫
フョードル・D:石田 彰
ニコライ・G:子安武人
シグマ:千葉翔也

【STAFF】
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35(「ヤングエース」連載)
監督:五十嵐卓哉
シリーズ構成・脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン・総作画監督:新井伸浩
プロップデザイン:片貝文洋
美術監督:近藤由美子
色彩設計:後藤ゆかり
撮影監督:神林 剛
3DCG監督:安東容太、小栗裕樹
編集:西山 茂
音楽:岩崎 琢
音楽制作:ランティス
音響監督:若林和弘
音響効果:倉橋静男(サウンドボックス)、西佐知子(サウンドボックス)
音響制作:グロービジョン
オープニング主題歌:アーティストGRANRODEO
エンディング主題歌:アーティストラックライフ
アニメーション制作:ボンズ
製作:文豪ストレイドッグス製作委員会
(C)朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会