集英社XRが主催し、最先端テクノロジーによって空間全体でマンガ作品に没入できる展示会「マンガダイブ」。
過去最大規模の企画展「マンガダイブ2024 NIHONBASHI」にて、『キングダム』『【推しの子】』に続いて上映されるのは『SPY×FAMILY』!2月21日(水)からの開催に先駆け、アニメ!アニメ!編集部は内覧会に潜入した。

「マンガダイブ」は、2023年からスタートし、新宿、表参道、ジャンプフェスタ2023でも大好評を博したイマーシブミュージアム。周囲360°(4面)と床(1面)の全5面に映像が広がる「ストーリーダイブエリア」を中心に会場は4つのエリアで構成されている。

本展最大規模のイマーシブ空間となっているのは「ストーリーダイブエリア」。今回の日本橋の展示では、2023年に新宿で展示した「ボンド編」のアップデートに加え、新作として「豪華客船編」が初登場。前述の2つのエピソードを連続で計30分(各編15分)にわたりエリア内で鑑賞することができる一番の見どころだ。

「ボンド編」では犬のボンドの上に乗るアーニャ視点で街を歩いているような演出や、マンガ風のモノクロからカラフルな色まで色使いが豊富で、ボンドが家族になるまでのストーリーを楽しむことができた。

「豪華客船編」ではヨルのアクションシーンが見どころ。客船上で任務を遂行するヨルとバカンスを楽しむロイドとアーニャの対比は大人も子どもも楽しめるコンテンツになっている。マンガのイマーシブ体験ということもあり、様々な方向にコマを追っていく感覚は、アニメーションとはまた一味違った楽しみ方ができるだろう。

2つ目に向かったのはキャラクターにフォーカスした「キャラクターダイブエリア」。

アーニャ、ロイド、ヨル、ボンドをはじめとするキャラクターそれぞれにフォーカスし、各所に散りばめられたマンガの名シーンを観ることができる。各キャラクターを丁寧に説明してくれるので、『SPY×FAMILY』初心者にも楽しめる内容になっていて、今から作品を楽しむきっかけになるかもしれない。
また、作品のファンにとっては個々のキャラクターにフォーカスが当たるエリアのため、「推し」に包まれる空間としても楽しむことができるだろう。

3つ目の「マンガダイブエリア」では作品を多様なテクノロジーを通して楽しめる、チャレンジングな空間になっている。おすすめは床の素材(レンガ、木材、芝生)に合わせ、歩くたびに軋みや振動、マンガの世界にいるかのような演出が楽しめる床型ハプティクスのコーナー。写真や動画を撮影するにもピッタリで、リアルとテクノロジーの融合を体験できる。

また、QRコードを読み込み絵を撮影するとキャラクターが飛び出すARコーナーも楽しむことができた。

3つの体験エリアを楽しんだ後には、「グッズ物販エリア」でマンガダイブ会場限定のグッズをチェック。ARと連動したアクリルコップやアクリルスタンドは、QRコードを読み込んでグッズを撮影するとARでキャラクターが浮かび上がる仕掛けも。おうちに帰ったあとでもマンガダイブの世界に浸ることができる。

「マンガダイブ『SPY×FAMILY』THE WORLD OF DOUBLE LIVES」は2月21日(木)から3月24日(日)まで33日間に渡って開催される。所要時間は1時間~1時間半程度で楽しむことができた。展覧会は各回の入場人数を制限した「全日日時指定・完全入れ替え制」のため、事前にマンガダイブ公式サイトで予約をしてから来場することをおすすめする。

@editoranimeanime 「SPY×FAMILY」の世界にダイブできる!? #マンガダイブ で最先端の没入型ミュージアムを体験してみた \マンガ好き必見/迫力がすごくて、推し活もできる最高な空間!ぜひ行ってみてね マンガダイブ『SPY×FAMILY』THE WORLD OF DOUBLE LIVES 会場:室町三井ホール&カンファレンス 期間:2月21日~3月24日 #spyxfamily #スパイファミリー #美術館 #推し活 #体験型スポット #東京観光 Tokyo Girl - Evoke Music

「マンガダイブ2024 NIHONBASHI」開催概要
会場:室町三井ホール&カンファレンス
期間:2月21日〜3月24日『SPY×FAMILY』THE WORLD OF DOUBLE LIVES
住所:東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 COREDO室町テラス3階
チケット料金:
グッズ付き限定チケット:一般2,000円、高校生1,700円、中学生1,200円
通常チケット:一般1,600円、高校生1,300円、中学生800円、小学生500円、未就学児無料※すべて税込
主催・企画・制作:集英社XR
企画展詳細およびチケット購入はマンガダイブ公式サイトまで


(C)SHUEISHA (C)遠藤達哉/集英社