アニメ『モノノ怪』の大奥を舞台にした完全新作の劇場版『劇場版モノノ怪 唐傘』が、2024年7月26日に公開される。このたびその本編から、『モノノ怪』ならではの独特な世界観を垣間見ることができる先行場面カットが到着した。

『モノノ怪』は、2006年にフジテレビの「ノイタミナ」枠にて異例の高視聴率を記録した『怪〜ayakashi〜』の一編「化猫」から派生したアニメだ。2007年にTVアニメシリーズとして放送されて以来、根強く愛され続けている。

『劇場版モノノ怪 唐傘』では、その『モノノ怪』が大奥を舞台に劇場版として“新生”する。シリーズの生みの親である中村健治監督の元に集結した、豪華キャスト・スタッフによる完全新作の劇場映画として、圧倒的な映像美で魅せる救済の物語を描く。

このたび公開された先行場面カットは、モノノ怪と対峙した薬売りの緊張感を感じる表情をはじめとするもの。大胆な色遣いと緻密な美術で描かれた大奥の空の様子や、井戸に降りしきる雨の描写、色鮮やかな大広間のワンシーン、目が怪異に侵された人形なども確認できる。繊細な画や鮮やかな色彩から生まれる美しさの中に、どこか不穏さが漂うカットばかりだ。

また、女の園・大奥に足を踏み入れる男性キャラクターたちが登場することも先ごろ明かされていたが、梶裕貴演じる三郎丸と、福山潤演じる平基のカットが初公開された。このふたりは幕府より派遣され、大奥に何かを探りに来ているらしい。本編内でどのように活躍するのか注目となりそうだ。

さらに、TVシリーズから装いを変えつつも、引き続き登場する薬売りの退魔道具「天秤」の可愛らしいカットもお目見えした。雨や天秤のカットに映っている水滴や雨粒をよく見ると、エフェクトとして和傘の柄が入っており、細かな設定にも制作陣のこだわりが感じられる。画面に映るすべてに意味がある本作。細部までじっくりと、美麗な画を堪能しよう。

また、映画前売券付きブロマイドが、イード「エンタメプリント」で販売中。ブロマイドは7種類(ランダム)で、うち3種類がシークレットだ。販売価格は映画前売り券1,600円、ブロマイド300円の合計で税込み1,900円。決済後に発行されるコンテンツ番号を、一部店舗を除くファミリーマート、ローソンのマルチコピー機に入力することで出力できる。

アニメ『モノノ怪』の大奥を舞台にした完全新作の劇場版『劇場版モノノ怪 唐傘』は、7月26日に公開される。


『劇場版モノノ怪 唐傘』作品情報
7月26日(金) 全国ロードショー
・キャスト
薬売り:神谷浩史
アサ:黒沢ともよ カメ:悠木碧
北川:花澤香菜 歌山:小山茉美
大友ボタン:戸松遥 時田フキ:日笠陽子
淡島:甲斐田裕子 麦谷:ゆかな
三郎丸:梶裕貴 平基:福山潤 坂下:細見大輔
天子:入野自由 溝呂木北斗:津田健次郎
・主題歌
「Love Sick」アイナ・ジ・エンド(avex trax) ・スタッフ
監督:中村健治
キャラクターデザイン:永田狐子
アニメーションキャラデザイン・総作画監督:高橋裕一
美術設定:上遠野洋一 美術監督:倉本章 斎藤陽子 美術監修:倉橋隆
色彩設計:辻田邦夫 ビジュアルディレクター:泉津井陽一
3D監督:白井賢一 編集:西山茂 音響監督:長崎行男 音楽:岩崎琢
プロデューサー:佐藤公章 須藤雄樹 企画プロデュース:山本幸治
配給:ツインエンジン ギグリーボックス 制作:ツインエンジン EOTA
(C)ツインエンジン