ピンクは春らしいので着こなしたいものの、難しく感じる方も多いのでは?

そこで今回は、annaアンバサダーでファッションブランド『UNMINOU(アンミヌ)』のプロデューサーを務める大橋あゆみさんから、大人可愛い“カジュアルなピンクコーデ”を教えてもらいました。大人可愛く、上手にピンクを着こなすコツとは……?

■1:「ピンクロンT」はリブ素材を選んで

画像:大橋あゆみ

ピンクのロンTは、リブ素材を選ぶのがおすすめです。甘くなりすぎず、カジュアルに着こなすことができます。

画像:大橋あゆみ

腕まくりをして着崩すと“こなれ感”がアップ! トップスは、ウエストインすることでゆるさが際立ち、カジュアルな印象に仕上がります。

画像:大橋あゆみ

ピンクトップスを取り入れる場合、小物は主張しないカラーをセレクトしましょう。落ち着いたコーデにまとまりますよ。

■2:「ピンクカットソー」はメンズライクなジャンスカと合わせて

画像:大橋あゆみ

ピンクカットソーは、今季トレンドのジャンパースカートと合わせてみましょう。メンズライクなアイテムとの組み合わせは、甘くなりすぎる印象を中和してくれます。

ピンク×ベージュの組み合わせなら、大人っぽい印象に。

画像:大橋あゆみ

足元はアンクルシューズを取り入れると、女性らしさと大人っぽさの両方を取り入れることができますよ。

■3:「ピンクパンツ」は、ボーダートップスを合わせて

画像:大橋あゆみ

ピンクに抵抗がある方は、パンツで取り入れるのがおすすめです。

合わせやすいアイテムは、春定番ボーダートップス。甘さとカジュアルさがミックスされて、おしゃれな着こなしにまとまります。このとき、ピンクは淡い色合いを選ぶのがポイントです。

画像:大橋あゆみ

小物の合わせ方で、“可愛い”から“かっこいい”にチェンジも可能! ポインテッドトゥのパンプスを取り入れることで、クールな印象と脚長効果が生まれます。

バッグもボーダーと合わせてブラックを取り入れることで、キレイめでまとまった大人コーデに仕上がりますよ。

(文/Yuikomore)

【画像・参考】
※ 大橋あゆみ