伝統的な文化がある京都には様々な工夫をしているアイテムがあるのをご存知でしょうか?

今回は京扇子屋『大西常商店』4代目主人の大西里枝さんがおすすめする、京都の伝統文化を楽しめるアイテムをご紹介。日頃から使える魅力的なアイテムは必見です♡

■1:427年の伝統を持つ「香老舗 薫玉堂」の本格的な香り

画像:香老舗 薫玉堂

427年の伝統を持ち、時代の香りを作ってきた格式の高い『香老舗 薫玉堂』。

画像:香老舗 薫玉堂

仏壇で使われるようなお香も販売されていますが、『ハンドクリーム』(65g 各3,300円・税込)も販売されています。お香の天然原料が調合されており、四季ごとの香りが楽しめます。

画像:香老舗 薫玉堂

『フレグランスオイル』(20ml 各3,080円・税込)も販売されており、注目なのはラベルに記載された数字! その数字の年をイメージした香りとなっていて、時代の移ろいを香りで表現しています。

<店舗詳細>
香老舗 薫玉堂
住所:京都府京都市下京区堀川通西本願寺前

■2:料理が映える!清水焼の器屋さん「TOKINOHA Ceramic Studio」

画像:大西里枝

こちらの器は見て楽しむだけでなく、料理を盛りつけることで完成します。

画像:TOKINOHA Ceramic Studio

お手頃なだけでなく、たくさんのシリーズがあり、『shiro-kuro』と呼ばれるシンプルな器も魅力。

画像:TOKINOHA Ceramic Studio

『リムボウルM/縁黒』(3,960円・税込)。

画像:TOKINOHA Ceramic Studio

『TUKU』という壁にくっつく花器や、

画像:TOKINOHA Ceramic Studio

ドライフラワーとのセットも販売されています。『TUTU/AO』(4,730円・税込)。

画像:TOKINOHA Ceramic Studio

また、『トキノスミ』(1,500円・税込)という墨汁と炭のようなザクロ風味のドリンクも販売されていて、氷がわりの冷たい陶器で提供されています。

<店舗詳細>
TOKINOHA Ceramic Studio
住所:京都府京都市山科区川田清水焼団地団地町8-1

■3:ハンドメイドの陶器アクセサリー「ayako.ceramics」

画像:ayako.ceramics/小川文子

『ayako.ceramics』は、陶芸作家の小川文子さんが作る特別な陶器アクセサリーを取り扱っています。

ゆう薬の色味や陶磁器の素材間に着目したアクセサリーなんです。

画像:ayako.ceramics/小川文子

シンプルでどんな服装にも馴染み、コーディネートのアクセントとしても◎

画像:ayako.ceramics/小川文子

『glaze series frost glass』(4,400円・税込・送料別)や、

画像:ayako.ceramics/小川文子

『balloon(freesize ring)』(4,400円・税込・送料別)などアクセサリーはちょっとしたプレゼントとしても喜ばれること間違い無しです♡

(文/anna編集部)

【画像・参考】
※ 香老舗 薫玉堂/TOKINOHA Ceramic Studio/ayako.ceramics/大西里枝

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。