お弁当の片隅やサラダの彩りに使われるイメージがある“ミニトマト”。でも実は、アレンジ次第で主食や主菜にも使える優秀食材なんです!

画像:ikura

そこで今回は、“ミニトマト”を使った絶品レシピをご紹介します。作り方も、切って混ぜるだけや炊飯器にお任せなど、とても簡単! ぜひ試してみてくださいね。

■1:炊飯器に「入れるだけ」!ミニトマトの炊き込みご飯

画像:ikura

トマトの酸味とベーコンの出汁がじんわりしみ込んだおいしい炊き込みご飯です。

<材料>

画像:ikura

米・・・2合
ミニトマト・・・12個
厚切りベーコン・・・1枚(薄切りなら3枚)※5mm幅にカット
玉ねぎ・・・1/2個 ※薄くスライスする
水・・・350cc
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・・・小さじ1
粗挽き黒コショウ(仕上げ用)

<作り方>

(1)米は洗米し30分吸水させた後、ザルに上げる。黒コショウ以外の材料を炊飯器に入れ、炊飯する。

※水の量はかなり少なめです。土鍋で炊くのもおいしいですよ。

(2)炊き上がったら軽く混ぜ、仕上げに粗挽き黒コショウを振って完成。

■2:「切って混ぜるだけ」ミニトマトでサルサソース

画像:ikura

トマトの酸味、タバスコの辛味、ケチャップの甘味にレモンの爽やかさが加わった絶品サルサソースです。ポークソテーや唐揚げ、魚のムニエル、冷しゃぶにかけるのもおすすめです。

<材料>

画像:ikura

ミニトマト・・・10個 ※1個を8等分になるようカット
ピーマン・・・1個 ※5mm幅にカット
紫玉ねぎ・・・1/2個 ※5mm幅にカット
オリーブオイル・・・大さじ2
レモン汁・・・大さじ1
トマトケチャップ・・・大さじ3
タバスコ・・・小さじ1/2〜
塩コショウ・・・適量

<作り方>

(1)すべての材料をボウルに入れ、よく混ぜたら完成。

※タバスコは多めの方が味がしまります。

画像:ikura

サルサソースを唐揚げにかけて、お弁当に入れるのも◎。ミニトマトのピクルスも入れればより彩りもキレイになりますよ。

■3:一晩「寝かせるだけ」ミニトマトのピクルス

ピクルスが冷蔵庫にあると、箸休めのおつまみやお弁当の常備菜にもなります。サンドイッチの具材として挟むのもおすすめです。

画像:ikura

<材料>

ミニトマト・・・10個
玉ねぎ・・・1/2個 ※薄くスライスする
大根・・・5センチ ※5mm幅の拍子切り
砂糖・・・大さじ10
酢・・・大さじ10
塩・・・大さじ1

※野菜はこのほかに、パプリカやセロリ、キュウリ、人参などもおすすめです。

<作り方>

(1)清潔な保存瓶を用意する(熱湯消毒や、アルコール消毒をしたもの)。

画像:ikura

(2)ミニトマトは爪楊枝で数か所穴をあける。

(3)調味料を入れ良くかき混ぜたら、すべての材料を入れ冷蔵庫で保管する。

画像:ikura

※最初は調味液に漬かっていなくても、野菜からの水分ですぐに全体が漬かります。
※翌日より食べられます。

いかがでしたか? 今回はトマトを使った主食・主菜レシピをご紹介しました。旬の時期にぜひ作ってみて下さいね。(文/ikura)

【画像】
※ ikura