11月も間もなく終了。紅葉も見頃を過ぎ、地面にたくさんの落ち葉を見かけるようになってきましたね。ぐっと寒くなるこの時期は、天気予報が気になる方も多いのでは?

そこで今回は、読売テレビ『かんさい情報ネットten.』のお天気コーナー『スケッチ予報』でお馴染みの気象予報士・蓬莱大介さんに、2022年12月はじめの天気予報と、寒い日の“おすすめグルメ”を教えていただきました。

■2022年12月は厳しい寒さ?

―11月前半は半袖でも過ごせるほど暖かい日がありましたが、12月に入るとコートやマフラーが登場する機会が増えますか?

2022年12月1日(木)は朝から冷たい空気に包まれ、日中も年末ごろの寒さがいきなりやってきそうです。11月終わりごろが暖かくなっただけに体にこたえる寒さです。冬物のコート、ダウン、マフラーがあった方がいいでしょう。

― 12月はじめの天気を教えてください。

画像:蓬莱大介

12月1日(木)は、いきなり年末の寒さとお伝えしましたが、12月3日(土)の朝まで厳しい冷え込みが続きます。12月4日(日)以降は、平年並みか高めの気温になる予想です。

その後は、12月半ばまで寒さが厳しくなったり緩んだりと繰り返して、ゆっくり季節が進みそうです。

―2022年から2023年にかけての寒さはいかがでしょうか。

最新の3ヶ月予報によると、2023年1月〜2月の平均気温は平年より低めの傾向で予想が出ています。日本海側の雪は、例年通りに多いでしょう。ドカっと雪が降る日があるなど、天気が極端になるかもしれません。

京阪神より南の地域も、例年通りに寒くて乾燥する日が多いでしょう。

■滋賀の野菜たっぷり鍋で寒さを乗り切ろう!

―寒い季節になると食べたくなるグルメはありますか?

体の内側からポカポカするお鍋じゃないですか! 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の木曜日企画コーナー『旬感中継』でも11月は関西各地のご当地絶品鍋を紹介しました。

画像:蓬莱大介

そこで、今回は蓬莱さんから滋賀県長浜市の『びわこ食堂』でいただける野菜たっぷりの『とりやさい鍋』(4人前 3,000円・税込)を教えていただきました。

画像:蓬莱大介

「大量の白菜を数十年かけてたどり着いたといわれている秘伝の味噌を使ったスープでいただくお鍋で、味噌にニンニクが効いていてクセになります。ネットでも販売されているので、おうちでも『とりやさい鍋』が味わえますがお店に行くことをおすすめします。おうちでいただく場合には、ちょっと濃いめの味にしてホルモン鍋にしても美味しいですよ」と蓬莱さん。

主役となる国産の白菜は時期に合わせて産地を変更するこだわりで、白菜の間にはお宝を隠すように鶏肉が挟まれています。

―『とりやさい鍋』を食べる時のポイントはありすか?

白菜を山盛りに盛り付けるコツは、白菜を前日から切って、表面の水分を落としておくことだそうです。そうすると盛り付けしやすいとのこと。

味噌の香りについ、下からつまんでいきたくなりますが……、15分ほど温めると勝手に収まるので全体にしっかり火が通るまで待つことが大切です。

ただし、つゆの量を入れすぎるとあふれるので注意してくださいね!

地元の方はもちろん、遠方から来られる方もいました。蓬莱さんが訪れた日にはツーリング中に立ち寄られた方が多く、お店の前にたくさんのバイクが展覧会のように並んでいたそうですよ。

<店舗詳細>
びわこ食堂
住所:滋賀県長浜市高月町井口1378
電話番号:0749-85-2510
営業時間:【ランチ】11:00〜14:00【ディナー】17:00〜21:00
定休日:月曜日

12月になると寒さも本格的になってくるとのこと。温かいお鍋で寒くなる季節を乗り越えましょう!(文/筒井麻由)

【取材協力】
※ 蓬莱大介さん・・・2011年より読売テレビの気象キャスターを担当し、現在は『情報ライブ ミヤネ屋』、『かんさい情報ネット ten.』、『ウェークアップ!ぷらす』に出演中。翌日の天気のポイントをイラストで教えてくれる『スケッチ予報』では、ユーモア溢れるイラストが大人気!

【画像】
※蓬莱大介
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。