スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―平昌五輪で話題となった感動シーン

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は18年平昌五輪でスピードスケート小平奈緒(相沢病院)がライバル選手と交わした抱擁だ。

 スポーツファンに今なお、刻まれる感動のスポーツマンシップだ。女子500メートル、本拠地のファンの声援を受け、3連覇を目指した“氷速女帝”イ・サンファは死力を振り絞り、500メートルを駆け抜けたが、直前に小平がマークしていた五輪新記録36秒94にわずか「0.39」届かず、快挙を逃した。ショックを隠し切れない女王の目から涙がこぼれ落ちた。

 すると、そんなイ・サンファに寄り添ったのは小平だった。涙に暮れるイ・サンファを抱きしめ、何度も何度も言葉をかけた。競い合った者同士が交わした抱擁は、日本のみならず、開催国・韓国でも注目の的に。試合後、ツイッター上では韓国のファンから「こんな日本人たちがいたらいいのに」「小平選手とても好感が持てる」「両方ともすごくかっこよかった」と反響を呼んだ。

 韓国メディアも「“2人のチャンピオンが作った美しい光景”…世界が注目した写真の一枚」などと特集。イ・サンファは一夜明け、「昨年から銀メダルで始まって銀メダルで終わった。銀メダルを獲ったら罪人になった気分がした」と重圧があったことを打ち明け、小平との抱擁については「それぞれ時間があったが、全てが終わったのでお祝いのやりとりをしたと思う」と語った。

 海外メディアも多く取り上げたほか、2010年バンクーバー五輪のスピードスケート男子1500メートルで金メダルを獲得し、オランダテレビ局「NOS」で解説者を務める同国の英雄、マルク・タイテルト氏もツイッターで「素晴らしい光景だった。ライバル関係がお互いのベストを引き出す。そして、2人には深いリスペクトが存在する」と称賛するなど、大会の名場面となった。(THE ANSWER編集部)