同じ熊本出身、福島は青森山田に廣田は地元・玉名女子に、対照的だった高校選び

 バドミントン女子ダブルスの東京五輪金メダル候補・福島由紀、廣田彩花(丸杉Bluvic)が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、次世代のジュニア選手に向け、自身の進路選択について語った。同じ熊本出身で、青森の青森山田にバドミントン留学した福島と、県外と悩みながら地元・熊本の玉名女子に進んだ1年後輩の廣田。それぞれ15歳の時、対照的な道を選択した2人はやがて「フクヒロ」として世界ランク1位に上り詰めた。当時の高校選択の理由と、互いに選んだ環境で得たものとは――。

 ◇ ◇ ◇

 競技留学と地元進学。「フクヒロ」と呼ばれるずっと前、同じ熊本で生まれ育った2人は、高校で対照的な選択をした。

 地元を離れ、九州から本州最北端の青森に渡ったのは福島だった。きっかけとなったのは中3の時、進路を検討している中で、青森山田の練習を見学したこと。

「一度、練習を見に行かせてもらったんです。そうしたら、なぜか分からないけど、『ここなら強くなれる』というのを自分は思って、青森山田に決めました」

 のちの北京五輪女子シングルス代表・廣瀬栄理子、ロンドン五輪女子ダブルス銀メダリスト・藤井瑞希、垣岩令佳らもバドミントン留学した名門に、直感で決めた。

 しかし、福島は当時15歳。地元・熊本の学校からも誘いはあり、当初は「その学校に行こうと思っていた」。それなのに、初めて親元を離れ、寮生活になる。普通は二の足を踏んでもおかしくないが、しかし――。

「不安はなかった。勢いというか、『行きたい』という気持ちだけ。『バドミントンで強くなりたい』と思っていたので、それで『ここなら自分は強くなれるんじゃないか』と」

 強くなりたい私が、強くなれる場所。バドミントンで成長することを優先順位の一番上に置き、至ってシンプルな論理で決断した。「青森に行って頑張りたい」と両親に伝えた。

 福島の1年後輩にあたる廣田は、地元に残った。「県外の学校に行くことも考えてはいました」と振り返るが、迷った末に熊本の強豪・玉名女子でバドミントンをすることに決めた。

 もともと、どちらかというと慎重な性格。本人は「県外に行く勇気がなかった」とは言うものの、その代わり、しっかりと目標は決めた。「県で1番になる」と。

 変化の少ない環境で競技に集中し、成功体験を得ることが成長につながるというアプローチ。「親は自分が決めたことは何も言わず、応援してくれた。自分は自分で『県で1番になる』という目標を持って高校に入りました」という。

 2人が中学3年生で下した決断。実際に、競技留学と地元進学でそれぞれ何を感じたのか。

親元を離れて覚悟が決まった福島、親の支えを力に変えて努力した廣田

 遠く離れた青森で寮生活を始めた福島の場合、ホームシックに直面した。「両親と離れたことがなかったので、最初はつらかった。携帯が使える夜9時までは、電話で『帰りたい』と母に連呼していました」と笑って振り返る。

 しかし、親に甘えられない環境だから、覚悟が決まったことも事実だ。「実家だと、親にやってもらうことの方が多い。洗濯もそうだし、寮でごはんは出るけど、自分で準備しなければならない機会も多く、自立するにはいい環境だった」と言う。

 一つ屋根の下で、集団生活をすることも良さがあった。「同級生はもちろん、先輩、後輩もいて、集団生活という緊張感もあるので、そういう環境で揉まれるのは気持ち的に強くなれた」と技術のみならず、メンタルの成長につながった。

「私も本当は寮に入りたかったけど、寮生が多すぎて通える人は通ってくださいと言われ……」と苦笑いで振り返ったのは廣田。希望が叶わず、自宅から学校に通うことになったが、廣田の性格に合う部分も多かった。

「実家はやっぱり落ち着く場所なので。練習がキツかったとしても、母のごはんを食べられたり、家でゆっくりできる時間があったりしたので、気持ち的には他の寮生よりは余裕が持てていたと思います」

 寮生は食事の関係で帰る時間が決まっていたが、自宅生だった廣田にはそれがない。「部活が終わった後に居残りで打たせてもらったりして、練習は人一倍だった」と環境を生かし、貪欲に成長を求めた。

 支えを力にできることも魅力だった。車で15分の距離を送り迎えしてくれたのは母。「試合で結果が出なくて落ち込んでいる時は言葉はなくとも、気を使ってくれたし、送り迎えも食事もやってもらった分、頑張ろうと思った」と感謝が芽生えた。

 当時は土日も丸一日練習。朝9時から夜9時まで練習だったこともある。普通の女子高生がするような買い物もカラオケもした記憶はない。「『花のJK』とか言われますけど、JKっぽいことしてみたかったです」と笑ったが、それも財産だ。

「そういうバドミントン漬けの3年間だったから、今の自分がいると思う。それがなければ、今はバドミントンをやっているかも分からない。充実していたとは思うけど、ただ、あの3年間には戻りたくないかな(笑)」

 そんな廣田に対し、福島は「私は土日が体育館を男女で交互に分ける形で半日練習。なので、今でいうイオン……当時のジャスコにマックを食べに行っていました」と笑い、寮生活を思い返す。

 実家に帰省できるのは正月の年1度くらい。それでも「寮生活は緊張感もあったけど、楽しい部分もあったので、DVDを借りてみんなで見た。全員で同じ学年で集まってホラー映画でよく盛り上がっていました」と懐かしんだ。

 そんな2人だったが、実は高校時代に対戦経験がある。当時のエピソードを話す機会が、6月18日にあった。

大切なことは自分が決めた道でどう目標を決め、どう努力するか

「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」。インターハイ中止により、目標を失った高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画だった。

 その講師として、2人は登場した。福島が3年、廣田が2年の時、青森で行われたインターハイのシングルスで対戦。当時の思い出を振られたが、「フクヒロ」の対戦は高校生にとって意外な秘話だった。

福島「同じ熊本出身なので『やりにくいな』というのがありました。しかも、ネットインとオンラインばかり打ってくる。すごく嫌な選手と思っていました(笑)」

廣田「でも、私がボコボコにされました(笑)。その時は福島先輩と試合ができるのがうれしかったし、自分の全力でぶつかってはいったけど、力及ばずでしたね」

 ほかにも、福島は「やっぱり、先輩も同級生もすごく強かった。その分、みんなに負けたくないという気持ちがさらに強くなりました」と強豪校の青森山田らしいエピソードを明かした。

 1年夏のインターハイでは直前のメンバー変更により、出場できず。「それがすごく悔しくて、その気持ちを忘れずに地元の青森で行われる3年生のインターハイを目標にやっていた」と語り、2人の原点になった高校3年間を存分に語った。

 今回のインタビューをしたのは、その授業後のこと。競技留学と地元進学という対照的な高校選びをした2人。もちろん、それぞれの性格があり、一概にどちらが良いなどという優劣は決められない。

 大切なことは、自分が決めた道でどんな目標を設定し、どう努力をするか。それをはっきりと定めていたことが、のちにペアとして世界ランク1位に上り詰めた2人に一致していることだった。

 最後に、当時の2人と同じように今後、進路選択を迫られるジュニア世代の選手に向け、進路を決断する時に自身が大切にしてきた軸について語ってもらった。

福島「人それぞれに『やりたいこと』や『達成したい目標』があると思うけど、私は『やりたいこと』を何よりも重視して決めてきた。高校もそうやって『私はここで強くなりたい』と思って選んだので、自分の意思をメインに考えている。その分、決めた以上は覚悟が生まれるのもあるし、簡単に投げ出せない。諦めそうになることもあるけど、諦めずにやってこられた」

廣田「私は県外に行くことも考えながら勇気がなかった。もし行っていたら結果がもっと出ていたかもしれないし、出ていないかもしれない。ただ、高校卒業の時もまだ自信がなく、大学進学を考えていた。そこで(実業団の)監督に声をかけてもらい、挑戦しようと思えたし、その選択があったから、今の自分がいる。なので、何かに迷うなら挑戦する方を選ぶことかな」

 1年延期された東京五輪で金メダルが期待される福島と廣田。同じ熊本出身で高校生から道が分かれ、今はペアとして、同じ道を歩む2人の選択と体験は、次世代の子供たちの道しるべになる。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)