記者歴25年、吉田宏氏のラグビーコラム

 トップリーグ(TL)に世界クラスのレジェンド選手の入団ラッシュが続く中で、Honda HEAT(ホンダ・ヒート)は異色の新加入を発表した。昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会でもスクラムのキーマンとして活躍した韓国出身のPR具智元の父・東春さんのスクラムコーチ就任だ。ホンダOBでもある元韓国代表PRのコーチとしての手腕には未知数の部分もある一方で、ホンダという若いチームに新しい強みをもたらす可能性を秘めている。

 ◇ ◇ ◇

 コロナ禍の中で多くのTLチームが世界クラスの選手の獲得合戦を繰り広げているのは、このコラムでも以前に触れたが、8月を迎えてもスター選手の契約書が積み上げられる。7月31日には、オールブラックスで抜群の決定力をみせてきたFBベン・スミス、2011年W杯優勝メンバーのSOアーロン・クルーデンの神戸製鋼コベルコスティーラーズ入団が発表された。同日にはホンダも南アフリカ代表LOフランコ・モスタートらの獲得を発表したが、その新加入リストで興味深かったのは、南アフリカの世界一メンバーではなく選手の後に書かれていた名前だった。

 具東春 スクラムコーチ――。

 ラグビーファンなら、この姓とチーム名でご察しだろう。そう、昨秋のW杯でも日本代表のPRとして大活躍した具智元の父親だ。

 東春さんは韓国代表PRとして10シーズン以上活躍し、同時にホンダの前身である本田技研鈴鹿ラグビー部のメンバーとして日本でもスクラムの強さを発揮してきた。引退後は韓国に帰国して事業を行ってきたが、長男・智允(CTB)、次男の智元を日本に留学させ、自身がOBでもあるホンダ入団を後押しした。そして、今度は東春さん自身が息子たちと同じピッチに立つことになる。

 東春さんは、息子たちの応援のために昨季までも頻繁に来日して、ホンダの後輩たちの練習に顔を出すこともあった。韓国での仕事も一区切りがついたことで、コーチに専念することを決意したという。コーチ就任にあたり、チームを通じてこのようなコメントも発表している。

「選手時代も在籍したHondaラグビー部に再びコーチとして携わることができて嬉しく思います。自分の今までの経験を基に、FW全員と協力してチームの武器となるHondaスクラムを完成させられるよう頑張ります」

 一般論なら、首をかしげる読者もいるかも知れない。韓国は8月1日時点のワールドランキングで31位と、日本の9位とは大きな差がある。昨秋のW杯で8強入りを遂げた国の強豪チームに、まだW杯出場すらない国の元代表選手がコーチとして必要なのだろうか。

 この疑問を、ホンダ関係者にぶつけてみると、スクラムという特殊なポジションだからこその期待を語ってくれた。

父・東春さん【写真提供:Honda HEAT】

世界的名将が語っていたスクラム指導のために必要な資質とは

「東春さんは、いまでも独自に勉強をしていて、日本代表でスクラムコーチを務めた長谷川慎さんなどともコミュニケーションを取ってきた。独自のスクラムに対する考え方、組み合う時の駆け引きなどなどの技術や経験値は、ホンダにとっても得るものが必ずあると思います。ウチはまだ若い選手も多いので、東春さんの知識が生かされればスクラムでも成長が期待できるはずです」

 この話を聞きながら頭に浮かんだのは、2015年W杯まで日本代表を率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)の選択だった。15年大会へ向けてスクラム強化を重視したエディーさんは、スクラムコーチとして元フランス代表HOのマルク・ダルマゾをチームに招いた。

 代表でも活躍したダルマゾ氏だが、決してフランスを代表するような選手ではなく、指導者として大きな成功を収めていたわけでもなかった。フォアグラを作る農家仕事の傍ら地元チームなどでスクラムを教えていた。しかし、エディーさんは、独自の幅広い人脈という情報網を駆使して、ダルマゾ氏独自のスクラムの考え方、そして尋常ではないほどのこだわりを把握していたのだ。

 我々メディアには、こんな話をしていたのを覚えている。

「スクラムを指導するためには、スクラムがないと死んでしまうようなヤツじゃないとダメなんだ。すこし気がふれたほどのヤツじゃないとね」

 スクラムを組んだ人ではなければ判らない感覚がこのポジションの特異性であり、最も繊細さが求められる仕事でもる。隣の選手とはどれくらいの距離感を持ち、体や腕のどの部分を密着させるのか、相手と組み合う時に最も押し込む力を出せる首の角度はどれくらいか、その時の両足は何センチ幅で、足首の角度は――。こんなBKなら気が遠のくようなディテールにこだわり、追及するのがスクラムであり、その柱=プロップと呼ばれるポジションの役割だ。

 東春さんのコーチ就任要請も、この総勢16人の選手が複雑に絡み合いながら押し合うという難解なポジションのエキスパートとしての期待が背景にある。必ずしも国代表の実力と同じではないところで、評価も期待もされてのコーチ就任だ。もちろん、いまやチーム1の知名度を誇り、日本代表でも活躍する息子の“逆七光り″で雇われたのではない。古巣から招かれての契約だ。

 それでも、もちろん東春さんの加入でスクラム強化が保証されているものではない。OBとしてホンダを見てはきたが、勝敗に直結する責任を担う専属コーチとしてTLでどこまで結果を出せるかは未知数だ。これは、日本人コーチでもニュージーランド人でも変わらない。

 その中で、東春さんにはスクラムの技術指導と同時に、いやそれ以上に期待したい部分もある。

息子に日本代表への道を作った東春さんの思い

 本田技研鈴鹿でプレーしながら代表では日本の最強のライバルとして戦ってきた中で、母国代表チームのジャージーに縫い付けられたムクゲのエンブレムへの誇りは特別なはずだ。

 にもかかわらず、息子には桜のジャージーを目指すことを命じたのが、いまの智元の活躍に繋がっている。客観的に考えれば、日本代表になれば母国の代表以上にさまざまな経験を得ることは間違いない。昨秋のW杯は、その最たる例だろう。しかし、日本と韓国の複雑な二国間の関係や歴史を考えれば、簡単な判断ではなかったはずだ。それでも東春さんは、息子にとって最良の選択肢を考えて、勇気ある決断をしたのだろう。この選択が日本と韓国のラグビーにとっても恩恵を残すであろう判断になった。

 過去の忌まわしい歴史は書き換えることはできないが、未来は自分たちで描くことができる。日本代表での智元くんのプレーを見る度に、そして父・東春さんの父親として、指導者としての選択を考える度に、このような思いが脳裏に浮かぶ。過去ではなく未来を見据えた上で、正しい判断ができる指導者をホンダは迎えることになるのだ。

 コーチというのは四輪馬車が語源であり、その役割は人を目的地に運ぶことだ。つまり、コーチの仕事は、選手をその目指す所に連れて行くことになる。

 東春さんは、愛息が目指す高みに辿り着けるためにニュージーランドへ留学させ、日本でのプレーを後押ししてきた。息子へ注いだものと全く同じ愛情をホンダのFWメンバーに注ぐのはできないかも知れない。だが、その愛情と情熱の何割かでも鈴鹿の後輩たちに注ぐことが出来れば、彼らが目指す高みに辿り着くための大きな後押しになるだろう。

 わずか6節で中止に追い込まれた今年のTLで、ホンダは2勝4敗の暫定10位に終わった。まだまだ若いチームだが、もしスクラムで上位とも互角に組み合えることができれば、10位から順位を上げるための大きな足掛かりになるのは間違いない。

 コロナ禍を乗り越えて迎える新シーズン。息子の活躍はもちろんだが、父が若いチームになにをもたらすのか。並み居る世界のレジェンドとともに、鈴鹿の新スクラムコーチの手腕にも注目したい。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。