次回大会へ向けた強化に及ぼす影響をベテラン記者が考察

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)、日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事が14日、ウェブでの会見を行い、今季は全ての代表戦を開催しないことを正式に発表した。当初は参入予定だった欧州強豪国らとの対抗戦「オータム・ネイションズカップ2020(ANC)」の辞退が8月に報じられていたが、選手の準備不足を主な理由に、代替となるテストマッチなどの開催も断念。昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会で史上初のベスト8進出という快挙を遂げ、次回2023年大会で4強以上を目標に掲げる“ジェイミー・ジャパン”の強化の行方はどうなるのか。コロナ禍の中で1年の遅れが生じた代表強化のこれから、そして3年後の日本代表の可能性を考える。

 ◇ ◇ ◇

 昨年の秋には楕円球のバウンド1つにさえ湧き返った日本だが、1年後の今はボールが転がることすら見ることはできない。日本代表の今シーズンの活動がすべて中止となることが決まり、ウェブ会見でジョセフHCも無念の思いを滲ませた。

「今年試合ができないのは非常に残念です。選手の気持ちが第一だと思いますが、彼らはこういう状況の中でコンディションを整えようと、皆さんの知らないところでハードに努力をしてきたし、いつでも合宿に入れるような準備をしてきた。もう一つはファンの気持ちです。昨年のW杯があのような結果で終わり、その勢いや、ラグビーの進化の道筋が、今年の6月(の代表戦)へ向けて継続して進んでいくのを楽しみにしていた方も多かったと思います」

 協会中枢では、このコロナ禍の中での代表戦について多くの可能性が検討されてきた。5月には対戦が決まっていた6、7月のウェールズ、イングランド両代表戦の中止が決定。11月のスコットランド、アイルランド代表戦も見送りを余儀なくされた。相次ぐ代表戦中止の中でも、強化と同時に、昨秋のW杯で沸き起こった空前の盛り上がりを継続させるためには、どうしても代表戦を開催したいという思いはあった。しかし、W杯での躍進を評価されたANCへの参戦に加えて、日本国内での代表戦開催、そしてコロナ感染が比較的穏やかな南半球への遠征と、様々なプランが話し合われてきたが、すべてを諦めるという結論に至った。

 岩渕専務理事は会見で、この苦渋の決断についての、さらに踏み込んだ説明をしている。

「ジョセフHCと毎週のように話し合いました。このようなコロナ禍の状況なので、代表チームがW杯でしたような万全には万全を期した準備というのは非常に難しい状況ですが、テストマッチを戦うにあたって本当に必要な準備というのを絶対しなくてはいけない。その中で、やはり想定していた状況を創り出すことはできない、選手がトップの国々と戦うにあたり十分な準備をしたうえでプレーをしてもらう必要があるということから、協会としてはこの秋の代表活動については中止という結論を出しました」

 9月に入り、国内ではようやく練習試合も再開し始めたが、選手はトップリーグ(TL)が中断された2月末以降、真剣勝負の実戦から遠ざかっている。感染状況も飛躍的な収束が望めず、日本と海外の出入国制限など様々な要因がある中で、代表戦中止の最も大きな判断理由となったのはチームの強化が十分に出来なかったこと、つまり“準備不足”だった。

 いまやW杯8強に食い込み、世界中から注目されている日本代表が、その8強入りを果たしてから初めて挑む代表戦で期待に見合う成績を残せなければ、昨年までに築き上げた評価を落としかねない。これは、ただチームの評判が下がるだけではない。3年後に迫る次回W杯へ向けた強化を踏まえると、希望するような強豪国との強化試合が十分に組めなくなる怖れに直面することになる。日本ラグビー協会は、1年テストマッチが出来ないというデメリット以上に、日本代表が十分な準備を出来ないまま期待された結果を残せないことを、より深刻なリスクと判断して代表戦の断念に踏み切ったのだ。

通常なら6、7月にテストマッチ開催も…来年のことは誰にもわからない

 このような決断の背景には、日本代表ならではの特殊性もあった。

 昨秋のW杯スコッド31人を見ると、日本代表は7か国で生まれた選手たちが集まって編成された多国籍軍だ。スタッフもニュージーランド(NZ)人のジョセフHCをはじめ、コーチ、スタッフの多くが指揮官と同郷か、日本以外の国から集まってきた。そのため、コロナ禍の中で、他の強豪国よりも選手、スタッフが日本や母国の出入国で制約を受け、チームとして集まることが難しい状況に陥った。W杯開催中は“ダイバーシティー(多様性)”ともてはやされた多国籍ジャパンだったが、国境が感染予防のための防波堤となる中で、思わぬ困難に見舞われることになった。

 では、この1年の代表戦見送りという判断とコロナ感染が収束できない現実が、今後の日本代表の活動、強化にどのような影響を及ぼすのだろうか。

 前提として、感染収束の見通しが立たないという深刻な事態がある。ジョセフHCも「コロナ禍により様々なことが日々変わっていく中で、コーチとしてはプランニングが非常に難しい。通常なら6、7月にテストマッチがあるはずだが、来年のことを考えると相手がどこになるのか、本当に出来るのかは見えない」と苦悩を語ったように、来年代表戦が行われるのか、今季のように見送られるのかは、誰にもわからない。

 このような状況の中で、当然のことだが、この1年の中断が日本にもたらすデメリットは明らかだ。昨年のW杯でベスト8入りした国々や、決勝トーナメント進出を逃した強豪が10月からの代表戦再開を準備する中で、日本代表だけが強化に着手出来ず、世界から取り残された状態に陥っている。強化の中でもとりわけ重要な課題は、次回W杯へ向けて選手層の厚みをつけることだ。これについては、4月にアップした2本のコラムでも指摘してきた。チームに厚みを持たせるために欠かせないのが若手の発掘と育成なのだが、W杯明けのシーズンが白紙になってしまったことで、事態は深刻さを増している。

 ジョセフHCは会見で「今年に関してはポジティブな点もあると思います。選手が昨年のW杯までタイトで忙しい日々を過ごしていた中で、一息入れる時間ができたということです」とメリットも語っているが、これは試合が中止にならなくてもベテラン選手には適用されていた処遇のはずだ。実際に同HCは、2019年W杯へ向けても選手の状態を入念にチェックし、適度な休養期間を与えながら本番で最高のコンディションを引き出している。ポジティブファクターとしてはやや無理があるが、コーチとして自分たちが対処できない問題を嘆くよりも、チームを前向きに進めていくことが重要だという思いは十分に理解できる。

 それ以上に強く印象づけられたのは、指揮官の「まだ強化には十分時間がある」というコメントだった。敢えてポジティブな発言をしていると考えるのは容易だが、信憑性も少なからず孕んでいる。

 今回の代表戦中止の決定を踏まえて、危機感を煽る報道が多いのは不思議なことではない。だが、忘れてはいけないのは、代表チームは24時間練習をしているわけではないということだ。残された3年という期間で、チームがどれだけの時間を強化に費やすことが出来るかが重要だ。

 そこで、再び日本の特殊性が浮上してくる。日本だけがアマチュア、つまり企業スポーツだという現実だ。昨秋のW杯で8強入りを果たした国(地域)の中で、プロリーグを持たないのは日本だけだ。多くの日本代表選手がプレーするトップリーグ(TL)は、大半の外国人選手と代表クラスなど一部の日本人選手がプロ契約を結んでいるが、半数以上は社員選手としてプレーしている。そしてチーム自体も、入場料収入などではなく、企業の福利厚生費や広告費などを運営費として活動を続けている。

 このような企業スポーツという形態が代表チームの強化にどのような影響を及ぼすのかは、過去のW杯へ向けた強化や、選手の代表招集を振り返れば見えてくる。

 イングランドやフランスなど世界でもトップレベルのプロリーグを持っている国では、代表(協会)VS所属クラブという対立、摩擦が少なくない。高額なサラリーを払うクラブは、商品価値の高い選手がチームでプレーしないことが収益面も含めてマイナス要素になると考えている。そのため、合宿や遠征など選手が代表に拘束される期間には神経を尖らせることになる。一部の強豪国で協会が選手と契約を結んでいるのも、クラブ側の選手に対する縛りが反映された措置という側面を持つ。

チームの熟成に時間がかかる日本代表にとって“失われた1年”の大きさ

 もちろん日本のチームでも、代表側の過度な拘束には不安や不満はある。だが、日本代表クラスの選手にプロが多いとしても、チームはその選手が代表に召集されたことで、深刻な減収に見舞われることはない。そしてラグビーチームを持つ企業側も、所属選手が代表に選ばれることには前向きだ。サッカーのJリーグとは異なり、ラグビーではチームの呼称に企業名が使える。そのため選手が代表に選ばれれば、所属先として企業名をアピールできるのだ。同時にチーム企業の特徴を見てみると「他のチーム企業が同意するなら、我々も賛成」という横並び主義が今も根強く残っている。つまり他のチームが選手を代表に出すのなら、自分たちも供給するという傾向が強いのだ。

 日本協会では、代表チームおよび企業との話し合いを踏まえて、代表召集された選手とは出向契約を結んでいる。代表活動期間はチームに専念できる環境を整備してきた。多くの強豪国では、所属クラブの活動に加えて、プロ選手会が求める選手の休養期間を設けるなどのウェルフェアを踏まえると、代表活動はさらに期間を限定されることになる。各国で差はあるが、W杯直前の代表強化期間は、せいぜい1か月前後だろう。しかし日本では、エディー・ジョーンズHCのもとで挑んだ2015年W杯前のシーズンは通算200日以上の代表合宿が行われ、ジョセフHCが率いた19年大会前も240日を超える強化を実現している。

 日本代表のラグビーは、他国以上に精密な組織プレーを構築して、パワーや経験値で上回る相手に伍していくのが特徴だ。チームの熟成に時間がかかるため、今回の代表戦見送りは他国以上に深刻な問題になる。しかし、他国にないような豊富な代表拘束時間をフル稼働させることが出来れば、今年の“失われた1年”を挽回できる可能性は残されているだろう。

 来年から代表活動が再開されることを前提とした議論にはなるが、残された3年という強化時間の中で、若手を育成して選手層に厚みを持たせ、メンバー全員に前回W杯を上回るフィジカル面の強化を図り、昨秋に世界を魅了した精巧な戦術をさらに進化させることが、新生ジャパンの挑戦になるだろう。そのためには、従来以上の人数の選手を集めた強化が必要かも知れない。場合によっては、代表チームとは別のスコッドを編成して強化を図る必要があるかも知れない。いずれにせよ、昨秋のW杯を沸かせた桜の戦士たちに新しい力が加わらない限り、3年後の日本代表の成功は容易ではない。

 昨秋のW杯日本大会へ向けては、NDS(ナショナル・ディベロップメント・スコッド)という選手育成機関やサンウルブズに代表選手を送り込むなど、日本代表とは別ルートの強化も併用して、単独チームでは出来なかった強化時間、幅広い選手を鍛える環境を捻出してきた。今回も、前回とは異なる時間との闘いが始まろうとしている。一度はコロナに奪われた時間を取り戻す闘いだ。

 フランスが舞台になる次回W杯まで3年を切った。残された時間の中で、交渉力と調整力、そしてアイデアを駆使して、日本ラグビーが“失われた1年”を取り戻すことが出来れば、ベスト4という夢が目の前のターゲットに変わるはずだ。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。