プルシェンコ氏が指導するトルソワについて言及

 フィギュアスケートの16歳アレクサンドラ・トルソワは、新たに師事することになったトリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ氏(ともにロシア)のもとで順調に練習をこなし、新シーズンに備えている。13日にはテストスケートに登場し、フリーでは4回転ジャンプを着氷。順調な仕上がりを見せるトルソワに対して、プルシェンコ氏はさらなる4回転ジャンプの投入を示唆している。ロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトがインタビューを掲載している。

 プルシェンコ氏は大きな期待をトルソワにかけている。テストスケートでは4回転ルッツで転倒したが、コンビネーションを含む2本の4回転トウループを成功させた。

 同氏はトルソワについて「エレメンツに関してはよく考えます。テストスケートでは物事を急ぐ必要はありませんでした。フリーではサーシャ(トルソワの愛称)は今のところ3度、4回転ジャンプを跳ぶ計画です。トウループを2度とルッツを1度。今後、彼女はサルコーを跳ぶ準備をします。しかしより自信を持ったスタートをする必要があります。3回転アクセルも練習しています。このジャンプはもう跳べようかというところまできています。サーシャ自身もそれを身につけたいと思っていますね。すべてうまくいくように期待しています」と明かしている。

 3本の4回転だけでなく、将来的にはサルコーの投入を視野に入れており、また3回転アクセルも完成間近な様子だ。

 またプルシェンコ氏はトルソワの練習に対する姿勢も高く評価。「サーシャはとても多く練習します。1時間半の氷の上の練習が2回と、追加で他のグループでトレーニングしスケーティングやスピンを練習しています。重要なのは、彼女が、それが必要だと分かっていることです」と話している。

トルソワのストイックな姿勢には感銘「クタクタになるまで練習します」

 またトルソワのジャンプへのアプローチについては「私たちはサーシャの技術を変え、ジャンプの入りと回転が速くなりました。すべてが必要な時にうまくいくために、今はこの技能を安定させることが必要不可欠です。私が知る限り、サーシャはいつも練習で頑張っていましたが、それを試合で実現させることがいつもうまくいったわけではありませんでした。私たちは問題を解決することを試みますが、すべてすぐに、というわけにはいきません」とコメント。思うような結果が出なかった時期もあったと認めているが、試行錯誤しながらトレーニングを続けているようだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響にも言及。練習が出来ない状況もあったというが、「しかし、サーシャについて言いたいのは、私たちはキスロヴォーツクでいい合宿をし、1か月半、山の中にあって優れた環境でリンクも多い素晴らしい練習場にいました。できるだけブランクを取り戻すために頑張りました」と振り返っている。

 そのうえで「そしてもちろん彼女の強い性格もかなり重要な役割を果たしました。サーシャはとても頑張る子です。彼女は自分の前に大きな目標を置きます。本当に時々、クタクタになるまで練習します。彼女が練習を続けるのを止めなければならなくなるほどですが、それがいつもうまくいくとは限りません」とストイックな姿勢に驚きも感じているようだ。

 16歳の天才4回転ジャンパーは皇帝の指導の下、どんな姿を見せてくれるのか。新たな才能が続々と出現するロシアフィギュア界の中で、唯一無二の存在感を期待したい。(THE ANSWER編集部)