高校時代から姫野を見続けてきた吉田宏記者が可能性を検証

 日本で開催された昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表のベスト8進出に貢献したFL/NO8姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)が11月22日にウェブ会見を開き、2021年シーズンの加入が発表されたスーパーラグビー(SR)・ハイランダーズ(ニュージーランド=NZ)挑戦への意気込みを語った。

 現在フランスリーグ参戦中のFB松島幸太朗、姫野と同じハイランダーズで活躍したSH田中史朗(キヤノンイーグルス)ら、いまや海外挑戦する代表クラスの選手は珍しくない。だが、フィジカル面の強さが求められるFW、中でも激しい肉弾戦が不可欠なFW第3列というポジションでの日本選手の挑戦は異例のこと。高校時代から、その才能と成長を見続けてきた“原石”の進化の足跡を辿りながら、ラグビー王国での可能性を検証する。

 ◇ ◇ ◇

 NZでの挑戦を選んだ最大の理由を聞くと、26歳の日本代表FLはストレートに言い切った。

「夢をかなえたい」

 楕円球に魅せられた者なら誰もが、ましてやトップレベルでプレーする選手なら、なおさら憧れるラグビー王国。ラガーマンの“約束の地”での挑戦への期待感と興奮が、PCのモニターを通しても伝わってきた。

 NZ南島南部のオタゴ・ダニーデンを拠点とするハイランダーズは、昨秋のW杯で日本代表のコーチを務めたトニー・ブラウンが新シーズンからはヘッドコーチ(HC)に昇格。今夏にNZ国内5チームで開催されたSRアオテアロアでは4位と低迷したチームの再建が託された。2015年には現在日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)とブラウン・アシスタントコーチの二人三脚でSRを初制覇するなど、日本との繋がりが強いだけに、姫野にとっては最適な選択とも考えられる。

 ハイランダーズの本拠地、オタゴのフォーサイス・バー・スタジアムは、NZ最古の歴史を誇る伝統校オタゴ大学の学生が陣取るゴール裏の熱狂的な応援が名物。世界一クレイジーともいわれるサポーターに、姫野が受け入れられるのが楽しみだ。

 その一方で、日本でプレーしている限りは活躍もレギュラーポジションも確約されていたはずの姫野がラグビー最強国のSRチームでは何の保証もない。敢えてリスクのある選択をしたのは「夢」という理想のためだけではない。会見では、昨秋のW杯での経験が背景にあることも語っている。

「(準々決勝で敗れた)南アフリカ戦まで、モチベーションというかコンディションを維持できなかった。あれだけレベルの高いゲームを1週間、2週間こなしていくのも初めての体験だったので、南アフリカ戦のところで満身創痍だったし、自分のプレーが全然できなかった。もっともっと強くなりたいという自分の向上心が強くなりました。なので、SRというレベルが高いリーグで毎週のように戦う、そしてタフになれるのは、すごくメリットがあると思い、行くことを決めました」

 2020年シーズンまで日本から参画していたサンウルブズが来季SRから除外されたことも、オタゴ行きを決めた理由の1つと認める一方で、姫野は「言語能力であったり、自分の居心地のいいところを離れること、後はいろんな素晴らしい選手がいる中で毎試合毎試合チームの中の競争に勝っていくというところも、日本にいては体験できない。そこは、すごく魅力的なところ」と、海外のハイレベルで厳しい環境に身を置くことの重要さが、海外挑戦の大きなモチベーションとなっている。

 五輪競技などとは違い国籍を代表選考の条件としないラグビーは、いまやダイバーシティの時代を迎えている。日本代表も主力選手の多くはNZ、南アフリカなど海外出身者が占める中で、姫野は日本で生まれ育った代表戦士として、大きな期待と注目を背負う存在だ。

昨秋のW杯では日本代表のベスト8進出に貢献した【写真:Getty Images】

7年前のNZU戦で見せた“セオリー無視”のトライ

 記者として、姫野の潜在的な能力に初めて触れたのは、2013年4月30日のU20日本選抜―ニュージーランド学生代表(NZU)だった。すでに愛知・春日丘高の“怪物”として花園でパワフルなプレーは見ていたが、NZU戦での1つのプレーで真価を見ることができた。

 後半20分の敵陣ゴール前の密集戦。主将としてLOで先発出場した姫野は、密集最後尾から相手防御が居並ぶ状況にも関わらず密集サイドに突っ込んだのだ。サイズでもフィジカル面でも相手が上と思われる状況では無謀かと思われた選択だったが、姫野は襲い掛かるタックラーをこじ開けるようにインゴールに飛び込んだ。

 このプレーが証明したのは、まだ日本の大学レベルでのフィジカルバトルさえ経験していない19歳の少年が、ラグビー王国のエリート学生に負けない、見た目以上の強靭な筋力や体幹を持っていたのと同時に、自分の秘められた能力を理解し、生かすプレーを選択ができるだけの強い意志を持ち合わせていたことだった。セオリー通りの選択なら、サイドを突いてラックを作りボールを継続するのが妥当だったが、姫野のトライを取りにいく選択に迷いはなかった。

 帝京大時代は、怪我も影響して猛威を見せる時間は限定的ではあったが、制約のない中でプレーをしていた。選手個々に、そして組織としても細やかな指導で大学最強チームへと鍛えた岩出雅之監督だったが、姫野に関しては細かい注文を出さず、持っているポテンシャルを引き出すことを優先しようというアプローチをしていたためだ。

 その効果は、トヨタ自動車での1シーズン目から開花した。2017年に、07年W杯で南アフリカを優勝に導いた名将ジェイク・ホワイトが監督に就任すると、ルーキーの姫野を主将に抜擢。国内では異例の人事だったが、指揮官は「帝京大時代に、素晴らしい勝つカルチャーを経験してきた選手。いまのトヨタには、そのリーダーシップが必要だ」と迷いはなかった。

 その期待に違わず、姫野が先頭に立ったチームは、7シーズンぶりの4強入り(総合4位)を達成。同年日本代表入りした姫野は、11月に行われた当時世界ランキング3位だった強豪オーストラリアとのデビュー戦にLOとして出場すると、終了直前にトライを奪ってみせた。相手ゴール前の防御を弾き飛ばしてインゴールに飛び込む姿は、13年のNZU戦を彷彿とさせる力強さに満ち溢れていた。

 その後の躍進は、多くのファンの記憶に新しいはずだ。代表入り当時は、2019年のW杯メンバーに選ばれるかは、まだボーダーライン。FW第2、3列を兼務できるユーティリティーで“滑り込み”かという評価あったが、姫野は進化を怠らなかった。

 W杯開幕まであと1年という趣旨の企画で、都内でロングインタビューをする機会があった。当時はNO8かLOでの出場が多かった姫野は「FLに挑戦したい。そのためにジャッカルなどの精度を高めていきたい」と語っていた。当時の姫野の最大の持ち味は、攻撃時にボールを持って相手ゲインラインを破って前に出るボールキャリーの強さだった。だが、1年後のW杯では、このイヌ科イヌ目の動物名を自らのトレードマークとしてお茶の間に浸透させていた。

姫野の移籍が日本代表に与える影響は?

 この強い信念と、置かれた立場に満足せず、さらなる進化をめざす野心が、姫野をオタゴに向かわせるのは至極当然のことだろう。

 新たな挑戦を決断する前に、姫野は経験豊富な代表メンバーにも相談したこと明かしている。「(日本代表主将の)リーチ(マイケル、東芝FL/NO8)さんには相談しました。『行くべきだ、姫野はやれるから行きなさい、行ったほうがいい』と言われましたし、堀江(翔太、パナソニックHO)さんからも後押ししていただきました。いろんな選手に後押しいただきました」。ブレることなく、常に自分の目指す道を進んできた姫野だったが、NZ・チーフスで同じFW第3列で主力選手として活躍したリーチ、日本選手で初めてSR入りした堀江らの言葉が追い風になったのは間違いない。

 フランスリーグで開幕から快足を見せているFB松島幸太朗のように、欧州でのプレーにも興味を示している姫野だが、敢えてNZでのプレーを選んだ理由にも触れている。SRで成長できるプレーを聞かれると「スキルを向上させたい。パスもそうですし、FWだけどBKみたいにステップ切ってオフロードパスをするとか、裏に抜けた選手からボールを貰ってそのままトライするとか、そういうスキルを期待しています」と、NZを中心とした南半球特有のFW、BK関係なくボールを動かしトライをめざすスタイルに、自らの進化の可能性を感じているのだ。

 新天地での目標を聞かれると「全試合に出場すること。チームとしては優勝を掲げていると思うので、その2つが目標です。チームを引っ張っていける存在になりたい」と語った姫野だが、果たしてハイランダーズでSR出場メンバーに選ばれ、優勝という高みに上り詰めることができるのだろうか。

 まず、メンバー入りが大きな挑戦となるのは明らかだ。2020年SRは3月中旬の開幕7節を終えて新型コロナの影響中止。NZでは世界に先駆けて6月13日からSRアオテアロアを開催してきた。この大会でハイランダーズはFW第3列を実質上固定して戦ってきたのだが、今オフに不動のメンバーの1人として将来を期待されたFLディロン・ハントのブルース移籍が確定。姫野の獲得はハントの後釜探しの一環と考えていいだろう。もう1人の主力FLシャノン・フリゼルのブレークダウンでの激しさ、しぶとさは、姫野にとっては最高のお手本となるはずだ。

 姫野のプレーを熟知し、気心が知れたブラウン新HCの存在がプラス材料なのは明らかだ。日本代表の躍進に手腕を発揮した同HCの特徴は、選手個々の緻密な役割分担で、ボールを幅広く動かすスタイル。15人が駒となってチームが機能するブラウン流のラグビーを日本代表で熟知する姫野に、戦術上のハンディキャップは少ない。来季のハイランダーズが日本代表との戦術上の共通点があれば、姫野も持ち合わせる日本選手特有の勤勉さが強みになる可能性もある。

 ハードルがあるとすれば、コンタクトでのフィジカルパワーでどこまで太刀打ちできるかだが、代表デビューのオーストラリア戦でも証明したように、NZのSRチームでも通用する期待は高い。コロナの影響もあり、SRはまだ来季の日程、参画チームなどの大会概要を発表していない状況だが、チームやコーチの信頼を得るためには、むしろ高いフィジカリティの中での長丁場のリーグで、チームを離脱するような怪我をせずにプレーできるかのほうが重要だろう。全てが英語になるコミュニケーションで、馴れるまに時間がかかる可能性はある。言葉も含めた適応力のスピードも、信頼感を高めるための重要なポイントになるはずだ。

 今回の挑戦が、日本代表がベスト4以上を目標にかかげる2023年W杯へ向けての姫野の成長に大きく役立つ期待は大きいが、1人の選手の挑戦だけに終始するのであれば、その意義は半減する。昨秋のW杯での躍進が日本選手の評価を高めたことが、姫野、松島の挑戦に直結しているのは明らかだ。この2人は、日本選手の中でも群を抜くポテンシャルの持ち主なのは周知のことだが、他にも潜在力を秘めた日本人選手がいるのは間違いない。

 新型コロナの影響で、海外挑戦どころではない状況が続いたことは日本選手、日本代表の強化には大きなマイナスとなったが、姫野のハイランダーズ入りで状況は新たな局面を迎えている。姫野に続く旺盛な向上心や野心を持った新たなチャレンジャーが、南北半球の強豪国へと櫂を漕ぎだすようになれば、選手層に厚みを持たせるという、2023年へ向けた日本代表の課題克服にも追い風になる。3年を残す次回W杯だが、選手が自分自身のレベルアップさせ、チャンスを掴んでメンバー入りするために残された時間は決して多くはない。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。