初のライブBPでの映像に現地ファン早くも「興奮している」

 米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、移籍後初となるライブBP(実戦形式の打撃練習)に登板。最速95.2マイル(約153キロ)の直球に加え、多彩な変化球も披露した。球団公式ツイッターではキレキレの変化球で対峙した打者をのけ反らせるシーンを動画付きで公開。現地ファンを「絶対的なエグさ」などと早くも興奮させている。

 シーズン開幕が待ち遠しくなる1球だ。ライブBPに初登板したダルビッシュ。昨年メジャーデビューしたばかりの24歳ホルヘ・オーニャを相手にどろんとした軌道の変化球を投じた。右打席のオーニャが思わずのけ反るほど変化し、キャッチャーのミットに吸い込まれた。

 強烈なインパクトを残した1球に球団が脚光。「ユウ・ダルビッシュは曲げられる」と記して実際の映像を公開すると、目の当たりにした現地ファンからは「絶対的なエグさ」「興奮している」「これが俺のエース」「エゲツない」「ナ・リーグのサイヤング賞を目撃することになる」などと早くも興奮の声が上がっている。(THE ANSWER編集部)