松山が日本人男子初の海外メジャー優勝

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。海外記者からは「日本の男子スポーツが自分の脳を支配」「日本のスポーツは最盛期」などと、大谷翔平や八村塁の名前とともに注目されている。

 松山は8、9番で連続バーディーを奪うなど、2位との差を5打に広げて前半を終える。後半15番パー5で2打目がグリーンをオーバーし、池に入れてしまいボギー。16番もボギーとしたが、正念場の17番はパーセーブ。最終18番はボギーだったが、リードを守り切った。優勝セレモニーでのスピーチでは「Thank You!」などと高らかに感謝を述べ、笑いを誘っていた。

 アジア人初のマスターズ制覇は、海外の識者にも衝撃を与えていたようだ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のポッドキャスト番組「No Dunks」でホストを務めるタス・メラス記者は自身のツイッターを更新。「マツヤマ、オオタニ、ハチムラ。日本の男子スポーツが自分のスポーツ脳を支配している」と、米国で活躍する日本人3人の名前をあげて注目していた。

 また、英スポーツメディア「スポーツビジネス」のボブ・ウィリアムズ記者は「今夏、東京で五輪が開かれる。すでに日本のアスリートにとって素晴らしい年になっている。2月:ナオミ・オオサカが全豪オープンで優勝。3/4月:ショウヘイ・オオタニが投打で大活躍。4月:ヒデキ・マツヤマがマスターズ優勝」と記載。大坂なおみの優勝も含め、今年はここまで日本人アスリートの活躍が目立つことを伝えている。

 豪メディア「ナイン・デジタル」のスポーツ情報サイト「ワイド・ワールド・オブ・スポーツ」のプロデューサー、クリス・デ・シルバ氏も、今年は大坂や松山が優勝していること、今夏に五輪が開催されることに触れ「これら全てショウヘイ・オオタニが暴れまわっている間にだ。現在日本のスポーツはまさに最盛期を迎えている」とツイートしている。(THE ANSWER編集部)