ドバイでの国際大会に参加、見えてきた課題を吉田宏記者が分析

 東京を舞台とするオリンピックに挑む7人制男子日本代表が、メダル獲りへの新たな局面に入った。男子の場合、昨年2月のシドニー大会以降、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で1年以上中断されていた国際大会が、今月2日開幕のローカル大会「エミレーツ・インビテーショナルセブンズ」(UAE・ドバイ)で再開されて、日本代表も入念な感染対策の下で参加を果たした。本番のキックオフまで3か月と迫る中で再び始まった国際舞台での実戦は、日本代表の強化には欠かせない追い風となる一方で、メダル獲得のために乗り越えなくてはならない課題も浮かび上がらせた。(文=吉田宏)

 ◇ ◇ ◇

 世界各地を転戦する国際サーキット「ワールドラグビー・セブンズシリーズ(WRSS)」が中断されてから14か月。7人制ラグビーが、1年吹き続けた逆風から追い風に転じようとしている。ラグビーの統括団体ワールドラグビー(WR)は、今年3月にWRSSの再開を発表。現時点では、男子大会は東京五輪後の10月開幕となっているが、ローカル大会という位置づけで、2月にはスペインで国際大会が行われ、4月のドバイには男女日本代表も招待された。

 このドバイでの招待大会は、4月2、3日、8、9日と2週連続で行われる異例のフォーマットで開催された。東京五輪へ向けてより多くの試合を実施したいという思惑と、同じ会場で開催することでコロナ感染のリスクを減らすために2週に渡る開催となったが、日本代表にとっては、制約の多い海外渡航1回で2大会ぶんの試合を経験できたことは願ってもない収穫となった。

 15人制以上にチーム強化のためには実戦が欠かせない7人制ラグビーでは、国際大会の再開はオリンピックを目指す全てのチームが待ち望んでいたものだが、とりわけ日本には追い風になる。それは、日本代表が世界の中で置かれた位置づけに理由がある。15人制ラグビーのような世界ランキングがない7人制だが、WRSSによる年間通算ポイントによる順位付けが、実力を測る物差しになる。

 日本代表は、昨年のWRSS昇格大会で暫定的に1位扱いとなり、シリーズ参戦権が与えられる「コアチーム」昇格を果たしている。このコアチームに入れるのは世界のトップ15か国。つまり昇格したばかりの日本は、世界で15位前後の実力と考えていい。日本が五輪でメダル圏内に食い込むためには、より多くの国際大会で強豪との対戦を積み重ねてチーム力を上げていくことが欠かせないのだ。

 ようやく実現したドバイでの国際大会には、フィジー、ニュージーランド、南アフリカというメダル候補は不参加だったが、日本とともに強豪を追うアルゼンチン、カナダという中堅チームとの対戦だけでも参加する価値があった。大会参戦のためには様々な制約の中で準備を進めることとなったが、これも今後開催されていくであろう国際大会、そして五輪本番を見据えれば、貴重なシミュレーションになるはずだ。チームを率いる岩渕健輔ヘッドコーチ(HC)に、UAE入国から大会期間中のチームの活動がどのような制約の下で行われてきたかを聞いてみた。

「チームは入国してから、そのままいわゆるバブルの状況で、ホテルの中でも隔離された環境の中でやっています。最初の3日間は、選手、スタッフすべて自分の部屋から出られずに、練習の時だけ許されました。お弁当等も部屋に運ばれるような状況でした」

 経過観察期間を経て入国3日後にPCR検査が行われ、日本代表選手・スタッフも全員が陰性と判断されて初めて全員で食事ができることになったというが、それも外部とは隔離された食堂に限定されていたという。

 大会会場でも、厳格な感染対策が行われていた。「(試合会場の)ロッカーも勿論すべて別ですし、食事についても1つのチームだけが行えるような場所の中で取っていて、そういう意味では大会側が十分な準備をしてくれて、われわれ選手たちも安心してプレーできていた」と振り返った。

久々国際大会、第2週は8チーム中7位も…HCは前向き「ボールの確保はできるように」

 宿舎や試合会場での徹底した隔離状況の中で進められた大会は、無事9日に閉幕。13日の時点では感染の報告がないことを考えると、すでに開催準備が進められる6月のロサンゼルスでの男女7人制イベントなど、五輪へ向けて複数の国際大会が開催される可能性が高まっている。岩渕HCも「7人制代表としてはオリンピックへ向けて、このドバイだけではなく、いくつかの国際経験をしたいと思っている。そういった観点も踏まえて、今回の経験を生かしていきたい」とオリンピック前に可能な限り、国際大会に参加することを目指している。

 では、1年近く国際試合から離れていた日本代表の強化、実力はどんな段階なのだろうか。今回のドバイでの大会の戦いぶりから考えてみたい。ドバイに集まったのは、男子は8チーム。その中で日本は第1週が4位、第2週は7位という成績だった。

▼第1週
リーグ戦 ●21-45 カナダ
リーグ戦 ●14-31 アルゼンチン
リーグ戦 〇19-12 ウガンダ
準々決勝 〇15-12 スペイン
準決勝  ●5-24 アルゼンチン
3位決定戦 ●14-31 ケニア

▼第2週
リーグ戦 ●21-26 フランス
リーグ戦 ●18-28 アルゼンチン
リーグ戦 〇21-12 チリ
準々決勝 ●12-29 カナダ
5位決定戦 ●19-24 ウガンダ
7位決定戦 〇28-14 スペイン

 1年ぶりの国際大会という難しさはあるが、それは他国も大きな違いはない。その中で、勝てる相手、勝てない相手がはっきりと分かれていることを考えれば、この結果と勝敗は、現時点での実力と判断していいだろう。

 岩渕HCは、選手、スタッフ共に固さがあったカナダとの大会初戦以外については「ボールの確保はできるようになっている。カナダ戦以外のゲームでは、ボールが獲れないということはなくなってきたのは、すごく前向きだと思う」と評価している。

 だが、多くの海外出身選手がいる日本代表でも、フィジカル面では強豪との埋めきれない差があるのは、この大会でも露呈している。相手にスピードと強度を持って勢いよくコンタクトされると、1対1で簡単に突破を許す場面、あるいは1人目をなんとか止めても、2人目、3人目のサポート選手に防御を崩され、トライに結び付けられるシーンが多く見られた。

 日本のチーム特性を踏まえて、同HCは高い運動量を駆使しながら勝負どころでは複数の選手が相手に襲い掛かる、小さな蜂が大きな相手と戦う“ビー・ラグビー”というイメージを掲げてチーム作りをしている。だが、今回のドバイでは、相手に集団でまとわりつく以前にゲインラインを簡単に突破されて大きくゲインされている。

 さらに、日本が密集戦を捨ててライン防御に人数をかけたシーンでは、相手チームは積極的にラックサイドの突破を仕掛けて、そのままトライに結び付けられることも少なくなかった。動画を見る限りは、相手チームは偶然のプレーの選択ではなく、日本の密集周辺の防御が薄まることも頭に入れながらプレーしているように見える。

東京五輪へ時間との戦い、得点力不足の課題はどう解消する?

 主将を務める松井千士は、第1週の大会を振り返ってこのように語っている。

「アルゼンチン、ケニアに対しては、フィジカルで負けたというよりも、コミュニケーション不足でディフェンスのコネクションが切れてしまい、1対1の防御を抜かれてしまった。僕たち自身が1対1でディフェンスするようなチームではないので、しっかりチームとしてもう一回防御のコネクションをしたい。後はサポートで遅れてしまっている部分が多くあったので、そういうところのコミュニケーションの部分を直していければ、フィジカルで負けている感じではなかったと思う」

 鍵を握るのは、組織としての防御を確立できるかということだろう。東京五輪で7人制が始まるのは7月26日。時間との戦いが始まっている。

 攻撃面に目を向けると、ここにも課題が見えてくる。絶対的なフィニッシャーが少ないことが、得点力が上がらない要因になっている。他国を見ると、多くのチームがワンチャンスから一気にトライを決められるスピード、強さを持ったランナーがいたが、日本には前回のリオ五輪で決定力を見せた福岡堅樹、レメキ・ロマノ・ラヴァのようなエース不在が響いている。

 この攻撃面での戦力の問題については、多くのチームが主力選手をドバイに送り込んでいた一方で、日本代表がメンバーを遠征組と国内調整組に分けていたこと、つまりベスト布陣で戦っていなかったことも影響している。

 第1週を終えて現地でオンライン取材に応じた岩渕HCは、こう振り返っている。

「過去のワールドシリーズを戦ってきた中で感じたよりも、かなり前向きな手応えがあったと思う。結果が4位なので誰も満足はしていないが、1年間、世界が見えない中でやってきて今回対戦してみて、もう一度オリンピックへ向けて道筋が見えるような時間になったと思う」

 確かに同HCが指摘したように、攻撃チャンスは少なからず作れている。それを、どこまでしっかりとスコアにまで繋げられるか、そして、簡単に失点してしまう防御をどこまで強固なものに出来るかが、メダル圏内に入り込めるかのキーポイントになるだろう。具体的には「1対1でのフィジカリティーの強度アップ」と「日本が掲げる組織防御のさらなる構築」という2点が課題になる。オリンピック開幕までの3か月で、どう修正していくかという強化のマネジメントが、同HCが語った“道筋”になるだろう。

五輪メンバー12人はどう選考していくのか?

 そして、限られた時間でより多くの大会に出場してチームを磨き上げることも必要だろう。今後の強化について、同HCは「5月、6月それから7月と2か月半から3か月くらい時間があるが、チームとしては当然もう少し国際経験を積みたいと思っている。それは日本が世界に出て行ってやるのか、あるいは国内に呼んでやるのかというオプションがある。一方で、出来ないことも視野に入れて計画はしている」と3つの可能性を踏まえながら強化の最終段階を準備している。

 チーム強化と同時に気になるのは、五輪メンバーをどう選考していくかだ。同HCは、現時点でのセレクションについても語っている。

「選手には、アピールできる局面はかなり少なくなっているという話は、直接私の方からもしています。そして今回の大会では、参加メンバーについては公平に機会を与えるということも話をしました。その結果、メンバー構成も誰がベストメンバーということではなく、ある程度、いろいろなポジションを想定し、いろいろなコンビネ―ションを想定しながら、全員を使っていくということで進めました。この先へ向けては、当然オリンピックへ向けたチーム作りということになってくるので、メンバーを固めていく時期になる。日本に残っているメンバーも当然いるので、それぞれがアピールできる時間は本当に限りなく少なっていくと考えている」

 おそらく、今回のドバイでの大会を終えた時点で岩渕HCの中では、12人の五輪メンバーの顔触れはほぼ固まっているのだろう。これからの合宿や、新たな国際大会参加のチャンスがあれば、従来以上にメンバーを絞り込み、選手強化よりも戦術の熟成にフォーカスを当てていくことになりそうだ。そして、指揮官は五輪代表に求められる欠かせない資質についても触れている。

「様々なポイントから見ますが、選手たちも(今回の)大会の中で、やはり勝ちたいと思っているほうが最後は勝つんだと話してくれていた。やはり、誰がオリンピックに一番出たいと思い、誰が前に出て(チームを)リ―ドするんだという強い気持ちを持っているのか。当然ラグビーのスキルやいろいろな部分も必要ですが、その部分が最後に出せるかどうか、それがチームとして12人が揃った時に、力が一番発揮できると思う。そういったところを選手たちには、貴重な機会の中で出してほしいと思っています」

 スキル、戦術という前提の下で、どれだけ勝ちたいという気持ちを持ち続けることが出来るかが、五輪という舞台では勝負を左右すると指揮官は考えている。バックアップメンバーなどを考えると、即座に強化メンバーを減らすことは現実的ではないが、スコッド内での水面下の絞り込みは進められ、強いメンタルタフネスを持った12人が、真夏の東京スタジアムのピッチに立つことになる。

 キックオフまでに残された3か月という時間は決して長くはない。ドバイでの貴重な経験で露わになった課題を修整して、チームをメダル圏内へと加速させる時間との戦いが正念場を迎えようとしている。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。