マスターズ制覇の松山英樹、支え続けた米国人スタッフに米紙注目

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)がマスターズで日本男子悲願の海外メジャー初優勝を果たし、通訳のボブ・ターナー氏が脚光を浴びている。“チーム松山”の一員として記念写真に収まってた姿も注目を集めていたが、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「ただの通訳ではない」と報じている。

 同紙は「ヒデキ・マツヤマが歴史に名を刻むようなマスターズ王者になるために、ボブ・ターナーがいかに彼を支援したか」という見出しで記事を掲載。「日本人の男子選手から初のメジャー王者が生まれた理由として、ターナーの存在が最も大きいだろう」と指摘している。松山が快挙を達成した裏で、68歳のターナー氏の仕事ぶりについてこうつづられた。

「ターナーはヒデキ・マツヤマのただの通訳ではない。ターナーはゴルファーにとって、大統領で言うところの『ボディーガード』のような存在だ。マツヤマが異国の地で快適に生活できるように全ての支援をしていた」

 アマ時代に松山がマスターズに挑戦した時なども担当。現在に至るまで、通訳だけでなくマネージャー業でも支えてきた。記事では「ターナーはヒデキ・マツヤマの親友である」とつづり、今回の優勝後に松山が「信頼できる友人だ」と関係性について話したことを伝えている。息子のアラン氏は、イチロー氏の通訳を務めていたという。

ターナー氏の想いとは「言葉をそのまま異なる言語に訳しているのではない」

 長年、米国で苦楽を共にしてきた間柄。ターナー氏は通訳として信念があるという。同紙はその想いをこう掲載している。

「私はただの通訳ではありません。言葉をそのまま異なる言語に訳しているのではないのです。彼が話していることを聞いて、それが米国人や英語を話す人と同じ気持ちの表現になるよう言い換えているのです。選手の温度感を知り、それに合う言葉を見つけています。そのことに誇りを持っている。ここ(頭)じゃなくてここ(ハート)で仕事をしています」

 ターナー氏は頭と胸を指差しながら語ったという。日本人にとって歴史的快挙の裏には、米国人通訳のサポートとプライドを持った仕事があったようだ。(THE ANSWER編集部)