日本代表候補は52人、期待の新戦力と課題を吉田宏記者が考察

 ラグビー日本代表候補52人が12日に発表された。新型コロナウィルスの影響で2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以降、活動が中断されてきたが、ようやく2023年フランス大会へ向けた挑戦がスタートする。トップリーグ終了後の5月24日には代表メンバーを35人に絞り込み、26日から大分での合宿を再開する新生ジャパン。19年大会を上回る世界トップ4入りを掲げる23年W杯へ、期待の新戦力と課題を考える。(文=吉田宏)

 ◇ ◇ ◇

 フランスへのスタートラインに52人の選手が立った。2019年W杯メンバーは半数以下の21人。ノンキャップ選手も21人という顔ぶれに、コロナ感染の影響でニュージーランド(NZ)に留まるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、こうコメントしている。

「今回のスコッドは、経験値のあるプレーヤーと今後代表でプレーしていくポテンシャルを持つプレーヤーのバランスが上手く取れています。これからの2年でチームの層を厚くしていく必要があり、今回のスコットランド遠征はそのスタートにすぎません」

 5月26日から始まる代表合宿(大分)に参加できるのは候補52人中35人。藤井雄一郎・日本代表ナショナルチームディレクター(NTD)によると、選考は前回W杯メンバーを中心に、トップリーグ(TL)で調子が良かった選手、代表で直接見たい選手を集めている。35人の顔ぶれも、ジョセフHCの頭の中ではほぼ決まっているようだ。後は怪我などのコンディションを確認しながら、国内の選抜メンバーとの対戦が濃厚な6月12日の強化試合(静岡・エコパ)、そしてテストマッチ扱いとなる26日のブリティッシュ・アイリッシュライオンズ戦(スコットランド・マレーフィールド)に向かう。

 メンバー選考で重視されるのは、ベスト8進出と躍進した19年W杯当時と変わらない。藤井NTDが「前回同様しっかりプレッシャーの中で正確なプレーできるかどうかが第一で、この選手ならというのを頭に置いて選んでいる」と語るように、19年大会の日本代表を支えたのは、対戦相手を上回る高いプレーの精度だ。フィジカルや経験値で勝る相手に、精緻なサインプレーや組織防御で渡り合いトップ8に辿り着いた。さらなる高みを目指す2年後は、強豪国相手の重圧の中で、どこまで19年大会以上の精巧なプレーができるかが、選手に求められることになる。

 スタートラインに立つ52人の中で、2年後の4強入りへ期待の戦力をみていきたい。まず今季に限っては、最も重視されるのは外国出身選手のセレクションになる。なぜなら、今年中に日本代表としてテストマッチに出場しなければ、23年W杯に出場できない可能性がある選手がいるからだ。

 ラグビーの統括団体ワールドラグビー(WR)は、外国籍選手が1つの国に36か月“継続的に”居住した場合に代表資格を認めてきた。だが国際化が進む中で、居住条件を36か月から60か月に延長することを決定。新規約は来年1月から適用される。今年の代表戦までに居住3年を満たす選手は従来通り日本代表になれるが、今年中にテストマッチ出場が出来ない場合は60か月の継続居住が必要になる。

 藤井NTDは「クリアできる選手がW杯までに出てくれば、もちろん選ばれる可能性はあるが、5年はかなり厳しい」と語っている。W杯開幕前に資格を得て、代表に選ばれることや、最終的なW杯登録メンバーに選ばれ入ることの難しさ、代表チームの戦術理解などを考えれば、リスクがあるのは明らかだ。同NTDは「(2019年の)W杯が終わってから何度か合宿、試合を試みたが、今回は必ず開催しないといけない」と力説しているのだが、ファンに代表戦を見てもらいたいという思いと同時に、今年中に36か月居住をクリアする有望外国人選手を代表入りさせるためでもある。

 この外国人選手規約は、とりわけ日本にとって重要だ。8強入りを果たした2年前のW杯は、日本代表31人中15人は海外で生まれ育った選手だった。強豪国と比べるとサイズやフィジカリティー、そしてラグビーの経験値などで劣る日本選手を補い、世界と渡り合うためには、海外強豪国出身の選手の力が欠かせなかったからだ。

攻撃のキーマンとして期待されるパナソニックワイルドナイツのディラン・ライリー【写真:Getty Images】

注目は日本代表資格の可能性持った外国人選手たち

 日本協会でも、代表でプレーできる外国人選手を増やすために、様々な環境を整えてきた。従来2人だった国内リーグの外国人出場制限を3人に増やし、さらに日本代表資格を取得できる可能性を持った外国人選手の特別出場枠を増やすなどの取り組みが、19年W杯の躍進を後押ししている。

 今回選出された候補52人の中で、今年の代表活動中に36か月居住をクリアする選手にはPRクレイグ・ミラー、CTBディラン・ライリー(ともにパナソニックワイルドナイツ)、マーク・アボット(宗像サニックスブルース)らがいる。代表候補52人以外にも来日3年を満たす有望外国人選手は多いのだが、“継続的な居住”という条件で代表入りを逃している。WRの規約では、当該国に継続して62日以上不在だった場合は継続居住と認められない。そのため、昨年からのコロナ禍の中で、家族の住む母国へ戻ったり、感染対策のために予定していた期日に再来日できなかった選手の中に、継続居住を満たさない選手がいたからだ。

 その36か月ルールの適用で選ばれたメンバーは、新生日本代表にインパクトをもたらす好素材が揃っている。

 攻撃のキーマンと期待されるのがCTBディラン・ライリーだ。身長187センチというサイズを感じさせない機敏さで、相手防御のギャップを突くアタックが光る。タックルを受けても簡単に止められないバランスのいいランは、国際舞台でも十分に威力を発揮するはずだ。居住期間の問題でテストマッチ出場資格が得られるのは10月になる見込みだが、24歳という若さで迎えるであろう秋の代表デビューに注目したい。

 同じパナソニックのPRミラーは、サンウルブズでの活躍で実力は証明済。スクラムの強さ、フィールドプレーでの機動力と、こちらもバランスの取れた計算できるフロントローとして期待される。来日5年目を迎えた23歳のFLベン・ガンターも、ブレイクダウン、タックルで日本選手にはないパワーが魅力だ。

 トンガから流通経済大に留学して日本国籍も持つNO8ナエアタ・ルイ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)は、身長193センチ、体重118キロと日本では大型選手だが、サイズ以上のパワーとBK並みのステップ、スピードも大きな武器。日本代表で求められるディフェンス力と運動量をクリアできれば、W杯への道が開けるはずだ。

 日本生まれの選手にとっては年々“狭き門”となる代表入りだが、好素材の若手にも注目したい。代表キャップを持たない日本出身選手は10人。その多くはまだ育成段階の選手だが、SH齋藤直人(サントリーサンゴリアス)はテストマッチでプレーできるレベルに近づいている。TLでは途中出場が多く、出場時間も限定的だったが、藤井NTDは「サンウルブズでも出ているし、どういう選手かというのはよくわかっている」と、昨年のスーパーラグビー(SR)でのプレーも評価している。

 学生時代からパスワーク、プレースキッカーも務めるキック力を評価されてきたが、サンウルブズでは南半球のトッププレーヤー相手にもしぶといタックルを披露。相手防御のスペースを見極めたキック、サイドアタックなど、視野の広さも証明している。長らく代表SHで活躍する田中史朗(キヤノンイーグルス)、流大(サントリー)が、調整のために候補から外れていることも、齋藤が経験を積み上げるためには大きなチャンスと考えていいだろう。

 すでに代表キャップ13を持つFB野口竜司(パナソニック)も、TLでのプレーが際立っていた。松島幸太朗のようなスピードも海外勢のようなサイズもないが、細かいステップで相手のタックルをズラして、ボール保持時間を伸ばすスキル、ラインブレークを許さないしぶとい防御に視野の広さを生かしたキックと、安定感抜群のオールラウンダーぶりを発揮している。前回は目前で逃したW杯出場へ、スピードスターが揃う代表のアウトサイドBKの中で、どこまで堅実なプレーでアピールできるかに注目だ。

 関心は代表合宿に参加する35人が誰なのかに傾いていくはずだ。36か月の居住規約をクリアする選手を代表戦で起用したいこと、藤井NTDの「基本的には前回W杯に出た選手を中心に選んでいる」という発言を踏まえると、その顔触れも浮かび上がってくるだろう。候補選手の中で前回W杯メンバーは21人、“36か月”規約に当てはまる選手は11人と、これだけで合計32人になる。HOやSHという他のポジションとの兼務が難しいスペシャルポジションに3人を選ぶと、35人では収まらない人数になる。次回W杯へ向けた選考レースは、スタート前から厳しいサバイバルの様相だ。

松島幸太朗(左)と姫野和樹【写真:Getty Images,荒川祐史】

“海外組”姫野、松島は英国での合流見通し

 最後に日本代表の今後の活動、方針にも触れておこう。まず、海外で活躍しているNO8姫野和樹(NZ・ハイランダーズ)、FB松島幸太朗(フランンス・クレルモンオーヴェルニュ)について、藤井NTDは現在の出入国の難しさを踏まえて「ダイレクトに現地に入って来ると思う」とライオンズ戦前に英国で合流する見通しを語った。メンバーから外れているHO堀江翔太(パナソニック)らベテラン勢については「体調が万全でないということ。外れたわけではなくて、随時体調を見ながら、こちらからも声をかけていきたい。強いプレッシャ―の中で何年もやってきたので、メンタル的にももう一度しっかりリフレッシュさせたい」と説明している。

 ライオンズ戦後のテストマッチについては、「国内でやりたいというのを最後まで捨てきれていなくて、ぎりぎりまでチャレンジしていきたい。相手も(日本に)入ってくることにもなるしハードルは高いが、基本的には国内で試合をしたい」と日本でのテストマッチ実現を目指していることも明かした。コロナ感染の影響で国内開催が難しい場合には、ライオンズ戦が行われる英国での試合開催も視野に入れている。

 ニュージーランドや、次回W杯で対戦が決まっているイングランド、アルゼンチンら強豪国は昨秋から代表戦を再開している一方で、日本は19年W杯以降、休止状態が続いてきた。1年の出遅れを挽回するために、今秋の代表戦については試合数の増加をめざす。同NTDは「テストマッチの数を話し合っている。いつもよりは期間を伸ばして強化していきたい」と語り、8月から合宿を再開して、10、11月にかけて国内、海外で5、6試合を目指す。

 そして、フランスへ向けた代表主将については、FLリーチ・マイケル(東芝ブレイブルーパス)が15年、19年大会に続き託されることになる。協会では未公表だったが、藤井NTDは「決まっているが発表していない。何で発表していないのかわからないが」と苦笑いしながらも、「リーチなのか」という問いに「そんな感じです」と暴露している。

 三度リーチ主将の下でW杯へと走り始める日本代表。何人の36か月居住選手が、今年中というリミットを乗り越えてテストマッチの舞台に立てるのか、そして狭まる門を突破して何人の若手メンバーが桜のジャージーを掴むのか。興味の尽きない再始動が近づいている。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。