レイズ戦で球審と言葉を交わしたシーンにファン「いいね」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。試合中、球審に対してストライクゾーンの確認をする場面もあった二刀流。米実況席が「ロー? ハイ? オーライ。ガッチュー」と大谷の柔らかい口ぶりを“アテレコ”した映像がSNSに公開され、話題となっている。

 投球以外の一コマも注目されている。マウンドをゆっくりと降り、球審のもとへ歩み寄る大谷を正面からとらえた映像。右手でジェスチャーを交え、ストライクゾーンを確認しているようだ。慌てた様子はなく、冷静な動き。最後は納得したように人差し指を向けて頷き、球審の胸へグラブをポンと突き出してマウンドへと戻った。

 米実況席からは「インサイド? アウトサイド? ロー? ハイ? オーライ。ガッチュー」と大谷の口ぶりを“アテレコ”したような声が聞こえてきた。実際の映像を米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。文面では「丁重にストライクゾーンを確認。これぞShoらしさ」と紹介した。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者もツイッターで注目していたこのシーン。米ファンからは「一流の振る舞い」「これもそうだけど、Shoのやることは全て楽しい…」「とてもいいね」「穏やかだし冷静」などと反響が寄せられている。

 大谷は6回途中無失点でマウンドを降りたが、7回にチームが逆転を許したため2勝目はならず。チームは1-3で敗れている。(THE ANSWER編集部)