米メディア、大谷が健康なら「MLBにとって歴史的なシーズンになる」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場し、5打数1安打だった。今季二刀流で活躍する大谷に対し、米メディアは「最も完成度の高い選手になる可能性がある」などと報道。そのために健康の重要性を指摘している。

 6回の第3打席に右前打を放ち、3試合連続安打とした大谷。長打こそ出なかったものの、今季すでに打者として10本塁打に到達。投手としても4試合に登板し、18回2/3で30奪三振を記録している。

 好調を維持する大谷について、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」は「エンゼルスの二刀流スター、ショウヘイ・オオタニが健康を維持する1年になるか?」と見出しを打って記事を掲載。二刀流での活躍に触れ「今季早くも歴史の教科書に名前を刻んだ」と称賛した。

 記事では、“投手・大谷”の武器について「投手としてのオオタニはスプリットという素晴らしい球種を持っている」「スプリットのほかにはスピードガンで3桁(100マイル)を記録するような直球とスライダーやカーブも持っている」と注目。打撃力も相まって「野球界で最も完成度の高い選手になる可能性がある」としたうえで、唯一の懸念をこう指摘している。

「才能は明らかだ。だからこそ問題は健康状態であり、オオタニはMLBシーズンを最後まで完走できるのだろうか?」

 大谷はメジャーデビューの2018年から、右肘や左膝などを故障している。記事では、「(健康が維持できれば)オオタニにとっての歴史的なシーズンというだけでなく、MLBにとっての歴史的なシーズンになるだろう」と期待感を示した。(THE ANSWER編集部)