「2番・DH」で出場、特大11号弾含む2安打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、第3打席ではタイミングを外されながらも、グリーンモンスターを越える特大の11号を放った。体勢が「く」の字になったインパクトの瞬間を米記者が公開している。

 驚くべき一発だ。6回2死走者なしで迎えた第3打席。大谷はカウント1-1からの3球目。右腕ピベッタの外角低めいっぱいのナックルカーブを泳ぎながらも弾き返した。左翼方向へ、高々と舞い上がった打球はなかなか落ちてこない。そのまま、そびえたつ37フィート(約11.3メートル)のグリーンモンスターを越えて、スタンドに飛び込んだ。

 敵地ボストンのメディアからも称賛が起きていた規格外の11号。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は自身のツイッターでインパクトの瞬間を切り取った画像を投稿しているが、これを見ると完全に体勢を崩していることがわかる。

 体は「く」の字に。インパクトし、フォローの最後は右手だけになっているように見える画像に「ショウヘイ・オオタニが逆方向に本塁打。フェンウェイパークのグリーンモンスターを越えた」と記して投稿すると、米ファンには「これを見ていたが、なかなか信じることができなかった」「片手かよ。この男はインクレディブルだ」などと驚きが広がっている。

 大谷は第1打席でも左翼フェンス直撃の二塁打を打ち、この日は4打数2安打1打点。しかし、チームは終盤に逆転負けを喫している。(THE ANSWER編集部)