「両方こなすのは大変だぞ」の野次に、大谷は笑って…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打、第3打席ではタイミングを外されながらも、左翼にそびえるグリーンモンスターを越える特大の11号を放ち、4打数2安打1打点だった。フェンウェイパークのファンから野次られるシーンもあったが、余裕の笑みを返す瞬間を米メディア関係者が動画付きで脚光を浴びせている。

 大谷は心も広いようだ。ネクストでバットを持って打席に備える背番号17に対して、フェンウェイパークのスタンドのファンから野次が飛んだ。「両方こなすのは大変だぞ」「めっちゃ難しいぞ」などと二刀流を揶揄する声が上がったが、大谷は全く意に介していない様子で余裕の笑みを浮かべていた。

 スタンド最前列からの大谷の姿を捉えた映像を、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアナリストのベン・バーランダー氏が自身のツイッターで公開。「野次られたオオタニは笑って頷き、そして本塁打を放った」とつづっている。

 するとこのシーンに米ファンも反応。「野次られた後の最適な対応は打つことだ」「今までで最悪の野次だ(笑)」「やり返されてる」などと反響が寄せられている。

 なおエンゼルスは終盤に逆転を許し、3-4で敗れている。(THE ANSWER編集部)