フィゲロアは無敗同士の対戦でネリに勝利「アメージングな気持ち」

 ボクシングのWBA・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米カリフォリニア州カーソンで開催され、WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)がWBA同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米国)に7回KO負け。プロ32戦目で初黒星を喫した。勝利したフィゲロアは試合後「彼は最後まで(体力が)持たなかった」「(ネリが)疲れていることは知っていた」などと語ったという。米専門誌「ザ・リング」が報じている。

 無敗同士の対戦を制した。フィゲロアは青いグラブでリングイン。一方のネリは、金髪にあご髭を蓄えて登場した。ネリは初回から積極的に前に出る場面もあったが、7回にフィゲロアが仕留めた。左ボディーがヒット。ネリは苦悶の表情を浮かべて膝をつくと、転がるようにして仰向けに。そのまま立ち上がれず、フィゲロアのKO勝ちが決まった。

 試合後に「ザ・リング」は「ブランドン・フィゲロアはルイス・ネリを倒し、ただの良い選手ではないことを証明した」との見出しで記事を掲載。フィゲロアのコメントを伝えている。「アメージングな気持ちだ。7歳からの夢が叶ったのだから」と喜びを語り、こう続けたという。

「多くの人がネリが勝つと思っていたことを知っている。だけど俺がベルトを手にした。彼を倒すためのプランを練っていた。プレッシャーをかけていけと言われていた。彼は最後まで(体力が)持たなかった」

 7回でのKO劇となったが「ネリが疲れていることは知っていた。だからプレッシャーをかけた。ボディショットが彼には効いていたと思う。ネリを倒すことを思い描いていた」とも語ったという。フィゲロアはこの試合の勝利により、9月にWBO王者ステファン・フルトン(米国)と統一戦を行う見通しとなった。(THE ANSWER編集部)