インディアンス戦でメジャートップとなる13号3ランを放つ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席でメジャー単独トップとなる13号3ランを放った。豪快にはじき返した131メートル弾だったが、米記者は高めの完全なボール球であったことを画像で紹介。ファンからは「何でそんな球をぶち込めるんだよ」「マジで狂気」などと反響が寄せられている。

 お構いなしに打ち砕いた。2回1死一、三塁の第2打席。大谷がスイングした瞬間の写真だ。画面に映し出されたストライクゾーンのはるかに上、大谷の肩の付近に投じられたボール球だったようだが、踏み込んで豪快に振り抜いていることが分かる。これが右翼席へ飛び込む強烈な131メートル弾となった。

 実際の“証拠写真”を米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者が自身のツイッターに公開。米ファンからは「ボールがスローモーションで見えるのだろう」「何でそんな球をぶち込めるんだよ」「マジで狂気」「彼は伝説ということ?」などと驚きの声が寄せられている。

 大谷はこの試合で3打数1安打3打点。2戦連発で本塁打数メジャートップとし、チームの7-4の勝利に貢献している。(THE ANSWER編集部)