米記者が今季放った4本塁打の写真を公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第2打席でメジャー単独トップとなる13号3ランを放った。高めの完全なボール球をはじき返しての131メートル弾。米記者は、今季大谷が放った“変態打ち”での本塁打画像4枚を公開。米ファンからは「天変地異」「シンプルにおかしい」などと反響が寄せられている。

 どんな打ち方でも本塁打にしてしまいそうだ。大谷が13号を放った瞬間の写真。画面に表示されたストライクゾーンからは高めに大きく外れているが、お構いなしに踏み込んで豪快にスイングしている。同様に12号、11号、8号の写真も公開されているが、外角のボール球を当てただけに見えるような1枚や、泳がされて打ったものも。これら全てが本塁打になっているのだから驚くほかない。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は、自身のツイッターで大谷が放った“変態打ち”の4枚のスイング写真を公開。文面では「これら全部がショウヘイ・オオタニの本塁打」と紹介した。米ファンからは「シンプルにおかしい」「彼は現実の人間じゃない」「信じられない」「狂気の沙汰」「これで防御率2点台」「天変地異」「スーパーヒーロー」などと驚きの声が寄せられている。

 大谷はインディアンス戦で3打数1安打3打点。2戦連発で本塁打数メジャートップとし、チームの7-4の勝利に貢献している。(THE ANSWER編集部)