5回の第3打席で見せた振る舞い、「オオタニは素敵な人間だ」の声

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。勝ち負けこそつかなかったが、5回2失点8奪三振と力投し、打ってもタイムリーを含め二塁打2本と躍動した。この試合で話題を呼んだシーンの一つが5回の第3打席。強烈な打球が相手投手に直撃すると、すぐさま心配する素振りを見せた。「彼の生まれ持った優しさだ」と話題になっている。

 大谷の性格が表れるシーンだった。5回の第3打席。痛烈なピッチャー返しがマウンドの相手右腕ケリーの体に直撃した。大谷は打席で大きな声を上げ、驚きの表情。弾いたボールを処理した一塁手にタッチされ、アウトとなった。しかし、一塁を駆け抜けると悔しがる素振りはなく、すぐに止まってマウンド方向を振り返る。心配そうに視線を送り、ケリーを思いやった。

 このシーンを動画付きで紹介した米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニがメリル・ケリーに109マイルの打球を放った。幸運にも酷い形にはならず。かなり心配させるものだった」とツイートした。

 さらに、米シンガーソングライターのジョン・オンドラジク氏は「オオタニは素敵な人間だ」とツイート。「投手を強襲した後、心配する彼の咄嗟のリアクションは、生まれ持った優しさだ」と記し、野球関係者のみならず虜にしていた。(THE ANSWER編集部)