タイガース戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。4回のマウンドでは、セーフティーバントに対してダイビングしてアウトを狙う場面があった。実際の映像を米記者が動画で公開。投手とは思えないダイナミックさに「笑ってしまう」「彼には感動する」などと驚きの声があがっている。

 これが投手の守備なのだから驚きだ。4回、先頭打者のカンデラリオが三塁側へバントを転がした。大谷はこれを追うと、なんと頭からダイビングするようにしてボールをキャッチ。素早く起き上がり、一塁へ送球した。ボールが少し逸れてしまい、セーフにはなったものの、身体能力を感じさせるシーンだった。

 実際の映像を、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。文面には「ショウヘイ・オオタニがこれをもう少しでアウトできたという事実に笑ってしまう」とつづった。

 また、全米野球記者協会のメンバーで、米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のカイル・グライザー記者も「ショウヘイ・オオタニがマウンドから降りてダイビングし、一塁でヘイメル・カンデラリオをもう少しでアウトにするところだった。マウンド以外でも、躍動する彼の姿を見ると本当に感動する」とツイッターで伝えた。(THE ANSWER編集部)