エンゼルスタジアムで限定販売

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。今季初の1試合2本塁打を放ち、11-3で勝利したチームに貢献した。試合前には、大谷の“漢字ネームユニ”が販売されることが決まった。背ネームが「大谷翔平」と日本語で記された実物の写真を、球団が公開。米ファンからは「絶対買う」「誰か買ってくれ」と購入を希望する声が書き込まれている。

 人気の証明だ。白をベースに、赤字で背ネームと背番号が刻まれている大谷のユニホーム。普段と違うのは、背ネームだ。「OHTANI」とアルファベットではなく、「大谷翔平」と漢字で刻まれている。

 実物の写真を、エンゼルス公式ツイッターが公開。「今週末球場に立ち寄りますか? 必ずチームストアを訪れてください。球場のみで販売される数量限定のオオタニ・カンジ・ユニホームです」と、本拠地エンゼルスタジアムで限定販売されることを文面で記した。

 米ファンからは「お金払うから誰か買っておいてくれ」「欲しい」「誰か買ってくれたらその人のことを一生好きになります」「カナダにも送ってほしい」「めちゃくちゃ買いたい」「伝説的なユニホーム」「これを着て球場に行きたい」「絶対に買う」などと反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)