本拠地でボードを掲げたリンクさん、日本のファンも注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流で目覚ましい活躍を見せている。本拠地エンゼルスタジアムでも大人気となっているが、現地で大谷へ向けてデートをお願いする女性ファンが注目を集めている。応援ボードを掲げる女性は、自身のインスタグラムで「この男のために全力!」などと実際の写真を公開している。

 本拠地で度々見かけられる“大谷ガール”が話題だ。エンゼルスタジアムで、レプリカユニホームをまとって応援する現地の女性。手に持ったボードには「SHOHEI」と大きく書かれ、続けて日本語で「私とデートしませんか?」と大胆なお誘いが日本語で記されている。当の本人は満面の笑み。お茶目な応援スタイルだ。

 実際の写真を自身のSNSに公開しているのはカイリー・リンクさん。試合中継でも何度かカメラに抜かれ、ツイッター上の日本人ファンの間でも「大谷とデートしたいお姉さん、今日も来てるな」「この大谷くんをデートに誘う女の子も名物になってきたなー」などと注目される存在だ。過去には日本語で「三度目の正直」などとも記載するなど、これまでに数パターンのボードを用意している。

 リンクさんはインスタグラムの文面に「この男のために全力! とても楽しんでいるし、これをやっている最中に素晴らしい人たちに会っている!」とつづっている。コメント欄には「可愛い!」「彼は連絡するべきね(笑)」「最高!」「ボード良いね!」「あなたはこれで公式に“ショウヘイ・サイン・ガール”だね」「オーマイガー」などとコメントが寄せられている。(THE ANSWER編集部)