陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1500メートルでは、日本記録保持者・田中希実(豊田自動織機TC)が4分8秒39で連覇を果たした。本命種目の5000メートルで五輪代表内定済みの21歳。1500メートルでの五輪内定はかなわなかった。

 田中は序盤から先頭に立ってレースを引っ張った。1分6秒で通過した400メートル付近からグングンと後続を引き離して独走。800メートルを2分12秒で通過した。さらにペースを上げてスパート。しかし、4分4秒20の五輪参加標準記録には届かなかった。

 昨年8月に4分5秒27で日本記録を更新したが、今回は自身の記録を塗り替えることができず。今大会は800メートル、5000メートルと合わせて3種目にエントリーしている。レース後は「仕上がり具合は悪くなかったですが、後半に余裕を残すことができなかった。今後の課題だと思います。昨年の記録になかなか近づけないというのが悔しい気持ち」と振り返った。

 今大会での1500メートル代表内定は決められなかったが、7月1日までに世界ランクなどを基に算出される「五輪出場優先順位」で権利を得る可能性が残されている。(THE ANSWER編集部)