37号を浴びた相手投手のリアクションがプロポーズ状態

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ロッキーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。4回に2戦連発となる37号3ランを放つなど、3打数2安打3打点だった。打った瞬間、マウンド上の投手も膝を地面につけてスタンドインを確信。ガックリしたポーズの写真を米識者が自身のSNSに公開すると、まるでプロポーズのようだとの声が上がっている。

 投手にとって、マウンドにひざまずく瞬間にプロポーズのような幸せなどはない。4回2死一、二塁。大谷が真ん中付近の球を強振。打球はあっという間に右翼席に消えた。柵越えを確信し、バットを投げる大谷とは対照的だったのはマウンド上の右腕ティノコだ。打球の行方を見つめ、ガックリと左膝をマウンドにつけ、崩れ落ちた。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニが打った後の投手」と泣き笑いする絵文字付とともに、象徴的な写真を投稿した。日米ファンからは「そらこうなるわ」「彼はオオタニに対して2度と投げないだろうね」などと反響が寄せられていたが、独特の視点で表現したのが、米地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」のジェシカ・クラインスミット記者だ。

「オオタニにプロポーズする人も多いだろう」と偶然にも大谷にひざまずくポーズになったことをユーモアたっぷりに指摘。これにバーランダー氏を「知ってる。俺もそうするつもりだ」と熱烈な愛情を示すと、クラインスミット記者も「言うまでもないね」と同調した。本塁打数は2位に5本差をつけ、独走する大谷。これからもひざまずく投手が後を絶たないかもしれない。(THE ANSWER編集部)