ロッキーズ戦、37号で撮影された写真に米ファン「凄い」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ロッキーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。4回に2戦連発となる37号3ランを放つなど、3打数2安打3打点だった。本塁打を放った直後の大谷と、崩れ落ちた相手投手を背中側から撮影した写真を公開している。

 対照的な2人を1枚の写真に収めた。37号を放ち、確信歩きで一塁に向かう大谷。右翼席を見つめ、バットを放り投げる瞬間がとらえられている。その奥、相手投手のティノコも打球の行方を見つめているが、左ひざを地面につけてガックリ。被弾を覚悟し、崩れ落ちている。

 勝者と敗者をホームベース側から撮影した1枚。エンゼルス公式インスタグラムが実際の写真を公開し、「ロケットを打ち上げるのはベゾスだけではない」と文面につづった。ロケット打ち上げに成功した米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏と比較したようだ。

 米ファンからは「オオタニは毎試合HR打っているな」「月までかっ飛ばした」「凄い」「止まらない」「ショウヘイの本塁打は美しい」「ショウヘイは宇宙へロケットを打ち上げた」「金メダルを彼に」などと反響が寄せられている。エンゼルスは8-7で勝利した。(THE ANSWER編集部)